レンタル水槽のご質問Q&A


東京アクアガーデンのレンタル・リースアクアリウム水槽に関する、お客様からよくいただく質問のQ&Aです。
メンテナンスについてや魚についてのご質問などを答えさせていただいております。
こちらに掲載されているのは、ご質問の一部です。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。


水槽メンテナンスのQ&A



Q1.水換え(メンテナンス)はどのくらいの頻度ですか?

水換え(メンテナンス)はどのくらいの頻度ですか

メンテナンススタッフがご訪問

A.基本的に淡水水槽なら月1回、海水水槽なら月2回の水換え・メンテナンスを行います。

中にいれるお魚によっては回数を増やさなくてはなりませんが、
当社が10年以上積み重ねたのノウハウによってこの回数で管理できます。

Q2.魚や機器の状態がおかしいときはどうしたら良いですか?


魚や機器の状態がおかしいときはどうしたら良いですか

A.メンテナンスの担当者にご連絡いただければ、状況を判断して対応いたします。

緊急時には当日対応することも可能です。

Q3.メンテナンスしている間は、熱帯魚は取り出してるんですか?


メンテナンスしている間は、熱帯魚は取り出してるんですか

A.熱帯魚は、自ら岩陰や水草の陰に隠れます。

魚たちを入れたまま掃除屋水替えなどのメンテナンスを行います。一旦、水槽から取り出してしまうと、かえってストレスを与え、体力を奪ってしまうからです。

Q4.水換えは、一回でどのくらいの量を換えていますか?


水換えは、一回でどのくらいの量を換えていますか

A.水槽の水量の1/3程度です。

飼育水をすべて換えてしまうと、水質を保ってくれる水中のバクテリアが激減してしまいます。また、水質が急変することになり、魚たちにも悪影響です。

Q5.照明の点灯時間を12時間くらい点灯させることはできますか?


照明の点灯時間を12時間くらい点灯させることはできますか

A.できますが、照明の点灯時間を伸ばすことで(通常8時間)コケの発生が早くなり、魚が見え難くなる可能性がございます。

鑑賞に影響が出た場合は、照明時間の縮小または、別途メンテナンス回数を増やすなどしてご対応いたします。

Q6.水温管理はどのようにするのですか?


水温管理はどのようにするのですか

A.夏はクーラー、冬はヒーターを使用します。

水温は熱帯魚に最適な一定の温度(25度)に保ちます。

Q7.熱帯魚なのに何故クーラーが必要なんですか?


熱帯魚なのに何故クーラーが必要なんですか

A.熱帯魚の生息地は年間水温が25〜27度です。

日本の夏は、30度を越えるため熱帯魚にとっては暑いためです。暑すぎると熱帯魚も夏バテを起こしたり、衰弱してしまうこともあります。

Q8.海水は海から汲んできているのですか?食塩で海水は作れませんか?


海水は海から汲んできているのですか

A.海水魚飼育に必要なミネラル、元素を含んだ人工海水の素を溶かして海水を作ります。

天然海水ですと、稀に飼育に必要のない成分が含まれている場合があるためです。人工海水の素にはミネラルなどが豊富に含まれています。食塩を溶かしても海水は作れません。


【ご質問のカテゴリーへもどる ≫】

魚・その他生体についてのQ&A



Q1.海水水槽で、エビ(スカンクシュリンプ)を増やしてもらえませんか?


スカンクシュリンプ

A.スカンクシュリンプは各水槽1匹としています。

複数飼育すると、最初はうまくいくのですが、成長するにつれケンカをし最終的には1匹になってしまう可能性が高いからです。

Q2.クマノミはイソギンチャクが必要ですか?


クマノミはイソギンチャクがなくても平気ですか

A.必要ではありません。水槽内には外敵がいないためです。

イソギンチャクには毒があり、自然界では外敵から身を守るために共生しています。

Q3.水槽内でお魚は繁殖しないんですか?


水槽内でお魚は繁殖しないんですか

A.卵を産むお魚以外は、基本的に繁殖しません。

魚を長生きさせることを念頭に置いており、繁殖させるための飼育システムではないからです。

Q4.自分でお魚を買ってきて、水槽に入れても良いですか?


自分でお魚を買ってきて、水槽に入れても良いですか

A.病気や寄生虫を持ち込む可能性があるため、禁止です。

弊社では、病気や寄生虫を持っていないかを確認する、熱帯魚のトリートメント期間をもうけております。

Q5.熱帯魚のオス、メスの見分け方はありますか?


熱帯魚のオス、メスの見分け方はありますか

A.魚種により見分けられる種類もいます。

魚種によっては、オスとメスで色や体格が違ったり、ヒレの形状が違う場合があります。

Q6.水草は本物ですか?


水草は本物ですか

A.本物です。ライトの光で育ちます。

基本的には、本物の水草を使用しておりますが、水槽の仕様により、人工草を用いる事もあります。

Q7.エサをあげられないときはどうしたら良いですか?


エサをあげられないときはどうしたら良いですか

A.普段しっかりあげていただければ、2~3日程度はエサをあげなくても大丈夫です。

旅行の際や、企業や法人のGWや年末年始などの長期休暇の際には魚が少しづつ食べられる『お留守番フード』という、エサをお渡しします。

Q7.魚が死んでしまったら、どうしたら良いですか?


魚が死んでしまったら、どうしたら良いですか

A.付属の網ですくってください。メンテナンスの担当者にご連絡頂ければ、補充いたします。

魚が大量に死んでしまった場合は、すぐに担当者までご連絡をください。


【ご質問のカテゴリーへもどる ≫】

サービスについてのQ&A



Q1.もっと魚を増やせませんか?


もっと魚を増やせませんか

A.水槽をサイズアップするか、設備を増強すれば可能です。

現状の設備に合わせて、生体量を決めております。
自然界では、魚1匹に対し、50メートルプールの水量が確保されていると言われているくらい、余裕があるんです。

Q2.私たち(お客様)は、魚が死んだりエサがなくなったら購入するのですか?


魚が死んだりエサがなくなったら購入するのですか

A.水槽のお掃除(水替え、コケ取り)、標準のお魚やエサの補充は定期メンテナンスの際に行い料金に含まれております。

エサやり、ライトのON/OFF、お魚が死んでしまった際に網ですくっていただく、の3つをお願いしています。 エサとライトはオプションで給餌機をつけたり、タイマー制御することも可能です。

Q3.レンタルやメンテナンス以外に生体や機材の販売はしていますか?


レンタルやメンテナンス以外に生体や機材の販売はしていますか

A.販売できます。お見積もりをお出しします。

特に飼育機材や水槽は、公式オンラインショップでも販売しております。
レンタル同様、お見積りは無料ですので、オリジナルの水槽や水槽台をご希望の際は、是非ご相談ください。


【東京アクアガーデン公式オンラインショップ】(外部サイト)

Q4.自動でエサをあげる装置(フードタイマー)を付けてもらえませんか?


自動給餌器を付けてもらえませんか

A.別途オプションで設置可能です。

ただし、弊社では、あくまで短期的に使用する機器という認識です。長期に渡り使用していると、機器不良で餌が出過ぎる、または少なすぎることにより生体に悪影響が発生する可能性があります。

Q5.水槽台はレンタルに含まれますか?


水槽台はレンタルに含まれますか

A.水槽台も含めた料金プランです。

水槽台の中にはろ過機などを収納している為、お客様の持ち物をいれることはできませんが、特注の台を制作すれば収納スペースを確保することも可能です。

Q6.水槽の種類(海水・淡水)を換えられますか?


水槽台はレンタルに含まれますか

A.同じ水槽では出来ませんが、換えられます。

水の種類が違うと同じ水槽は使用できないため、水槽や設備を新しいものに交換して、ご対応いたします。


【ご質問のカテゴリーへもどる ≫】

料金についてのQ&A



Q2.追加料金は発生しますか?


追加料金は発生しますか

A.特別な熱帯魚などを追加する際には、発生する場合がございます。

飼育や入荷の難しい生体をご希望の場合は、オプション扱いとなり、別途料金が発生する場合がございます。


【ご質問のカテゴリーへもどる ≫】

ご契約についてのQ&A



Q1.レンタルとリースの違いとは?


レンタルとリースの違いとは

A.レンタルは1年からのご契約、リースは3~5年からの長期のご契約です。初期設置費用や月額も変わります。

レンタルの場合、初期設置費用として1.5ヶ月分の料金を頂いております。リースは長期契約のため、月額をお安くご案内しております。


※レンタルには、水槽設備の保証も含まれております。リース契約の場合は、含まれません。
リースはメーカー保証(通常1年間)がございます。

【アクアリウム水槽のレンタル・リース料金のご案内へ ≫】

【ご質問のカテゴリーへもどる ≫】

お問い合わせ

その他、アクアリウム水槽のレンタル・リースに関する、ご質問やご不明点などがございましたら、専用フォームまたはお電話にてお問合せください。

フォームでかんたん送信!

0120-496-444 お電話でもお問い合わせ承ります。 お気軽にお電話ください!