サワガニの飼育方法!特徴から生態、おすすめの水槽環境から餌についてのページ
サワガニの飼育方法!特徴から生態、おすすめの水槽環境から餌についてのサムネイル画像

サワガニの飼育方法!特徴から生態、おすすめの水槽環境から餌について

コラムでは各社アフィリエイトプログラムを利用した商品広告を掲載しています。

サワガニは日本固有の淡水カニで、川や水路などの清流に生息しています。
小さな甲羅に赤や茶、紫など様々な色合いを持つサワガニは、身近な水辺の自然を感じさせてくれる魅力的な生き物です。

そのユニークな行動は、魚飼育とはまた異なった楽しさがあります。
きれいな水を好むサワガニも、適切な環境作りと世話のコツをつかめば、比較的簡単に飼育することができます

このコラムでは、サワガニの特徴や生態、飼育方法について解説していきます。

プロアクアリストたちの意見をもとにサワガニの飼育について解説

このコラムは、東京アクアガーデンスタッフであるプロのアクアリストたちの意見をもとに作成しています。

サワガニは日本全国で見ることができるなど、カニの仲間の中でも身近な存在でしょう。
水槽でも飼育でき、餌と水温、脱走にさえ気を付ければ長く飼育することが可能です。

このコラムでは、実務経験から得た知識をもとに、サワガニの特徴や、飼育に必要な設備などを解説します。

サワガニの生態と特徴

(甲殻類)サワガニ(オレンジ・ブラウン系)(甲長10~20mm±)(1匹)【生体】 ※保証対象外商品

サワガニの生態や特徴を知ると、適切な飼育環境の構築に繋がります。
ここでは、サワガニの特性について解説します。

サワガニの分布と生息環境

サワガニ(沢蟹)は、もともと日本全国に分布する固有種で、山間部の清流から平地の川までに生息しています。
アクアリウムショップやネット通販で購入可能ですが、生息域が広いので採集も可能で、甲羅を軽く挟むように持ち上げれば、ハサミで指を挟まれることもないです。

上流や中流域の石が転がる渓流がサワガニが生息するのに好適な環境です。
採取の際には怪我をしないようにしましょう。また、乱獲は絶対にしないことが大切です。

基本的にサワガニは清らかな水質の場所に生息しており、全国の川などで確認されていますが、近年は環境の変化により減少しつつあります。

一方で、最近の研究では、サワガニが海水にも耐えられることが判明しています。
従来は淡水域のみに生息できると考えられていましたが、塩分に対して高い順応力を持っていたことがわかってきました。

比較的姿を見ることができる生き物ですが、意外な特性を持っているのです。

サワガニの見た目の特徴と体色の多様性

サワガニは甲羅幅2~3cm、全長5~7cmほどの小型のカニです。

その体色は地域によって様々で、赤、黒、茶、紫、青白など多彩な色合いを見せます。

この違いは遺伝的な要因によるもので、従来1種とされてきたサワガニが実は複数の種に分かれている可能性もあります。

形態的な特徴として、ハサミの大きさで雌雄を判別できます。メスのハサミは小さく、オスのハサミは大きくなる傾向が強いです。

夜行性の習性があり、昼間は隠れ家の中で過ごすことが多いです。
脱皮を繰り返しながら成長し、寿命は10年近くにも及びます。

また、サワガニは卵から直接に甲羅つきの姿で生まれる陸封型の生物です。
プランクトンのような姿の幼生期間がある他のカニとは異なる特性と言えるでしょう。

繁殖期にはメスの脱皮直後にオスが交尾を求め、メスは40~50個ほどの卵を抱えます。
ふ化した稚ガニは、しばらくの間メスの腹の下で育ちます。

稚ガニが親ガニから離れて自立するまでに3~4年を要するため、飼育での繁殖は難易度が高いでしょう。

サワガニの飼育環境を作ろう

サワガニはきれいな水を好むため、飼育するためには適切な環境を作ることが大切です。
ここでは水槽の選び方や設置の際のポイントを解説します。

サワガニが好む環境は以下の通りです。

  • 流れの緩やかな川
  • 石や流木があり、隠れ場所がある
  • 水温が20~25度程度
  • 酸素が豊富な水

また、サワガニには以下のように特徴的な習性があります。

  • 夜行性で日が沈んでから活発になる!
  • 年に数回脱皮することがある!
  • 低水温になると冬眠する

冬眠は難易度が高いので、飼育下では水槽用ヒーターなどを使い、冬眠させないようにしましょう。
冬眠させる場合は、十分な隠れ場所を作り、加温せずに低水温を保ちます。

サワガニを飼育する水槽とは

エキゾテラ GEX EXOTERRA レプテリアホワイト300 High 小型爬虫類 ガラスケージ ホワイトフレーム W31.6×D20×H28.2cm 爬虫類・両生類飼育ケージ

サワガニは小型のカニなので、30cmの小型水槽でも飼育可能です。
飼育水槽を選ぶ際には、以下の点に注意しましょう。

  • 底面積が十分にある大きさ
  • 脱走防止の蓋がついている
  • 排水口や隠れ家スペースがある

このことから、水が溜められるものであれば昆虫用の飼育ケースや爬虫類用ケースも利用できます。
また、水槽セットならカメ用のものと相性抜群ですが、サワガニは脱走名人ですので、フタはしっかり閉まるものを選びましょう。

例えば、複数匹で飼育するなら、『GEX カメの楽園450』に『スドー ハープネット450』などのメッシュフタを装着すると、安心して飼育できます。

ジェックス カメの楽園450

そして、底面積が広いほど、サワガニの隠れ家や水域、陸地を作りやすくなりますので、30cm水槽ならキューブサイズがおすすめです。

水槽の設置場所は、サワガニが夜行性のため直射日光が当たらず、通風性が良い場所を選びましょう。
また、25度以上の高水温は苦手なので、水温管理のために冷房の効いた室内で飼育するのが良いです。

冬は、温度調節機能付きの水槽用ヒーターを導入してやると、冬眠させずに飼育できます。

エヴァリス オートヒーター ダイヤルブリッジ R30AF ヒーター+サーモスタット一体型

サワガニ飼育水槽の設備

GEX カメ元気フィルター

サワガニを長期飼育するためにはきれいな飼育水の維持が欠かせません。
ろ過フィルターは『水中フィルター』、『投げ込み式フィルター』、『底面式フィルター』などが特に向いています。

サワガニは酸素が豊富な水を好むので、酸素供給力の高いろ過フィルターを選ぶようにしましょう。
次に大切なのは、『水温計』です。

サワガニは20~25度の冷ためな水を好みますので、水温を確認しつつ水換えなどを行いましょう。
30度を超えるような高温は危険です。

サワガニ水槽には水辺と陸地を作ろう

サワガニは水中と陸上の両方の生活が可能なので、水辺と陸地の両方を用意するのが理想的です。

サワガニ水槽の水位は2~5cm程度で十分です。

浅い水位で飼育できるので、アクアテラリウムでの飼育もおすすめですが、陸地部分と水辺部分のバランスが良いレイアウトにしましょう
というのも、サワガニは水中で脱皮するため、水につかれる環境を作るのが良いからです。

形状お任せ 風山石 Sサイズ(約8~12cm) 3個セット アクアリウム テラリウム レイアウト素材 お一人様10点限り

水槽の底面には大磯砂や川砂などの砂利を敷きましょう。
これにより底面の反射を防ぎ、サワガニの隠れ場所も確保できます。
また、石や流木なども良い隠れ家になるので、レイアウトしてあげると良いですよ。

ただし、あまり高さを付けてレイアウトしてしまうと、そこを足場にして脱走することもあるので壁面には接しないようにしましょう。
隠れ家を設置することで、サワガニはストレスを感じにくくなり、落ち着いて生活できます。


サワガニ水槽の水は水道水でOK

GEX コロラインオフ 塩素・クロラミン中和 カリウム配合 速効性カルキ抜き500cc

水質については中性から弱アルカリ性が得意です。
そのため、カルキを抜いた水道水でも十分に飼育できます。

雑食性で飼育水を汚しやすいので、水換えは2~3日に1回の頻度で行います。

バクテリア剤などはとくに必要なく、その理由としては、サワガニ水槽の水質維持なら水換え頻度を増やしたほうが効率がいいからです。

サワガニの餌

ヒカリ (Hikari) ザリガニのエサ にごり・ニオイ対策用 40g

サワガニは雑食性なので、様々な餌を与えることができます。
市販のエビ用エサが手軽で人気がありますが、実は野菜、炊いたお米、イトミミズなども与えられます。

サワガニにおすすめの餌と与える時間

  • 動物性の餌:冷凍赤虫、冷凍イトミミズ、鰹節 など
  • 植物性の餌:キャベツ、ブロッコリー、水菜 など
  • 人工飼料:エビ用の餌、ザリガニの餌、カメの餌 など

エサは夜間に与えるのがおすすめです。
夜行性のサワガニは夜に活発に活動するため、この時間帯に餌を用意しておくと良いでしょう。

基本的には2~3日に1回、食べ残しがでないよう与えるのが適量です。

食べ残しは飼育水を汚してしまうので、与えすぎに注意しましょう。

サワガニに与えるエサの量は、体のサイズに合わせて調節しましょう。
甲羅幅が3cmほどの個体の場合は人工飼料・小さじ1杯程度で問題ありません。

ちなみに、雑食性なので餌は1種類ではなく、人工飼料+冷凍アカムシなど、複数の餌をローテーションで与えるのがおすすめです。

また、植物性の餌も好むため、野菜も食べます。むしろ水草をレイアウトすると食べられることがあります
そんななかでウィローモスは相性が良く、優秀なレイアウト水草として活躍します。

サワガニの共食い対策

サワガニを複数で飼育していると、脱皮直後の柔らかい時期に共食いされる危険があります。

複数飼育する場合は、脱皮直後のサワガニをパーテーションや別容器で隔離してあげましょう。
また、隠れ家を多めに用意し、食欲を満たすために十分な量のエサを与えることも大切です。

特に夏場は、高温による活力の低下から共食いが起こりやすくなります。
水質と水温の維持に気をつけましょう。

まとめ:サワガニの飼育方法!特徴から生態、おすすめの水槽環境から餌について

サワガニは日本の代表的な淡水カニで、比較的身近な川辺で出会える、かわいい生物です。
生態のユニークさと、飼育のしやすさが人気の理由でしょう。

適切な環境を整えれば、サワガニの生態を間近で観察したり、繁殖に挑戦したりと、さまざまな楽しみ方ができます。

水質や温度の管理、餌の工夫、隠れ家の用意など、飼育のポイントを押さえることが大切です。
難易度はそれほど高くありませんが、細かな気配りが不可欠です。

身近な自然の魅力に触れながら、不思議な生き物の生態に親しめるサワガニの飼育。
ぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。



コメントする

コメント時の注意事前にご確認ください
  • 商品・製品に関するご質問はメーカーや販売店にお問い合わせください。
  • アクアリウムの管理、熱帯魚に関するお電話でのご質問は承っておりません。
  • 魚の病気・トラブルに関するご質問は、飼育環境ごとに対策が異なるため、正確にお答えすることはできません。
  • 1つのご相談内容につき、1回のご返信とさせていただきます。
  • コメントへの回答はお時間をいただく場合がございますので予めご了承ください。
  • 返信はコメントをご投稿いただいたページ上でさせていただきます。

執筆者 アクアガーデン

アクアガーデンのスタッフが水槽レンタル・リース、メンテナンス、引っ越しサービスなど様々なサービスを通して得たアクアリウムの経験や知識をコラムで発信しています。

facebook Twitter instagram youtube tropica

お問い合わせ

サービスのお問い合わせ・見積依頼

水槽や機材、熱帯魚のレンタル・設置・メンテナンスがセットになった水槽レンタル・リースサービス お手持ちの水槽をプロのアクアリストがメンテナンスしてくれる水槽メンテナンスサービス 水槽リニューアルサービス水槽引っ越しサービスなど様々なサービスがございます。
お見積りは無料となっておりますのでお気軽にお問い合わせください。