オカヤドカリの飼育方法!寿命や値段、種類、エサ、水槽も紹介!のページ
オカヤドカリの飼育方法!寿命や値段、種類、エサ、水槽も紹介!のサムネイル画像

オカヤドカリの飼育方法!寿命や値段、種類、エサ、水槽も紹介!

オカヤドカリは陸上での生活に適応したヤドカリで、沖縄県や小笠原諸島など日本にも生息しています。生息地の浜辺などでは普通に見ることができるオカヤドカリですが、実は天然記念物に指定されているので、許可なきものが勝手に採取することは禁じられています

そんなオカヤドカリですが採取許可を受けた業者から販売されており、特に届け出などをせずとも飼育が可能です。つぶらな目やその仕草が可愛らしく、近年になってペットとして注目を集めている生物です。ここでは、オカヤドカリの飼育方法や種類などについてご紹介します。

オカヤドカリとは?

特徴

オカヤドカリは十脚目(エビ目)オカヤドカリ科オカヤドカリ属に分類されるヤドカリの総称です。現在のところ世界で15種が確認されており、日本には6種が生息しています。海中よりも海辺の陸地での生活に適応した種で、同じ科には「ヤシガニ」が属しています。

体長は最大で6cm程度で、一般的な甲殻類と同様に脱皮を繰り返すことにより成長し、その際に宿となる貝殻も交換する性質を持ちます。食性は植物食性が強い雑食性で、夜になると活動し始める夜行性です。

沖縄県の浜辺などで普通に見られるオカヤドカリですが、日本に生息している品種は全て天然記念物に指定されています。許可を受けた業者以外が採取、販売、譲渡などを行うと、法に抵触してしまうので注意してください。

分布・生息地

国外では台湾以南の西太平洋やインド洋にかけて分布しており、国内での生息場所は小笠原諸島や鹿児島県以南の南西諸島です。

砂浜と海岸樹林の境目付近を好み、陸上で長期に活動できるようにエラが発達しているものの、乾燥してしまうと呼吸ができなくなるので、日中は日差しや外敵を避けるために物陰や砂や土に穴を掘って身を隠しています。

寿命・値段

オカヤドカリの寿命は長く、普通に飼育しても10年以上は生きます。飼育環境を上手に管理できれば、30年以上生きる個体もいるようです。

飼育しながらの引っ越しが難しい生物ではありませんが、10年もあればライフスタイルが変わることも珍しくありません。最後まで面倒を見切れるかどうか、よく考えたうえで飼育してください。

値段としては安価で、1匹あたり300~1000円前後で販売されており、大きい個体ほど高価です。

種類

オカヤドカリとして流通している種類は主に以下の3種で、ショップなどでは特に区別されずに販売されています。

オカヤドカリ

海辺よりもやや内陸に生息しているオカヤドカリの1種で、色は全身が褐色です。発音器を持たないので、「ムラサキオカヤドカリ」や「ナキオカヤドカリ」などとは異なり鳴きません。

個体数は以下の2種と比較するとやや少なく、生息域も若干異なるため流通量は少ないです。飼育法は他の2種に準拠します。

ムラサキオカヤドカリ

海辺の陸地に生息するオカヤドカリの1種で、オカヤドカリの中では北限に分布する日本固有種でもあります。若い個体は白色や赤色などカラーバリエーションが豊富ですが、成長するにしたがって紫色が強くなります。

発音器を持つので鳴くオカヤドカリとして有名で、流通している品種の多くが本種です。姿はナキオカヤドカリと酷似していますが、眼柄(がんぺい)の下部にある暗色の模様の有無で見分けられます。模様が有る方がムラサキオカヤドカリで、無い方がナキオカヤドカリです。

ナキオカヤドカリ

海辺に近い陸地に生息しているオカヤドカリの1種です。若い個体は白色や赤色、紫色などカラーバリエーションに富みますが、老成すると褐色が強くなる傾向にあります。名前の通り発音器を持つので、鳴くオカヤドカリとして知られています。

ムラサキオカヤドカリに次いで個体数が多いため流通量も多く、オカヤドカリとして流通している品種は主に本種とムラサキオカヤドカリです。姿もムラサキオカヤドカリとよく似ていますが、眼柄の暗色の模様の有無で判別できます。

ヤドカリに関してはこちらもご参考にしてください。

オカヤドカリの飼育方法

必要な器具

オカヤドカリを飼育するためには、主に次に示す器具類が必要です。

  • 水槽
  • 底砂
  • 流木、石、シェルター
  • 水入れ、エサ入れ
  • 水槽用ヒーター、水槽用クーラー
  • バックスクリーン
  • フタ
  • 貝殻
  • エサ
  • 人工海水

これらの器具について以下に詳しく説明します。

水槽

昆虫飼育用のプラケースなどでも代用が可能ですが、大きさ強度気密性の面で水槽をおすすめします。オカヤドカリは運動性が高いので、傷つきやすいアクリル製よりはガラス製の方が良いでしょう。

同一の水槽で安全に飼育できる個体数はオカヤドカリの大きさによって異なりますが、甲長2cm程度の中型個体の場合は60cm規格水槽で4~5匹です。過密飼育は脱皮の失敗などの弊害を招くので注意してください。

底砂

底砂の材質は特に問いませんが、メンテナンスがしやすいのはサンゴ砂です。砂の粒径はオカヤドカリが潜りやすいように1~2mm程度のものが良いでしょう。

オカヤドカリは脱皮の際は底砂に潜って古い殻を脱ぎます。そのため、底砂はオカヤドカリの体長の2~3倍(貝殻含む)ほどの厚さになるように敷いてください。具体的には、少なくとも15cm程度の厚さが必要です。

流木、石、シェルター

オカヤドカリは臆病な性格をしているので、流木などで身を隠せる場所を作らなければストレスを感じてしまいます。飼育する個体数に応じて流木などを導入し、身を隠せる場所を十分に作ってあげてください。

水入れ

水入れは真水用海水用の2つを用意してください。いずれもオカヤドカリが貝殻ごと浸かれるくらいの深さがあると良いです。ただし、陶器製やガラス製、プラスチック製などの表面が平滑なものだと、オカヤドカリが滑って自力で脱出できなくなる恐れがあります。

それらの容器を用いる場合は、滑らないように木製の板などで足場を作ってあげてください。また、オカヤドカリは力が強いので、軽い容器だとひっくり返してしまうこともよくあります。ある程度の重さを持った容器を導入してください。

バックスクリーン・フタ

前述したようにオカヤドカリは臆病なので、水槽の四方が開けているとストレスになってしまいます。それから、透明なガラスを認識できず、ひたすらガラス面に向かって歩こうとしてしまうので、水槽の前面以外にはバックスクリーンを張り付けてください。

また、オカヤドカリは立体的な動きが得意なので、脱走防止にフタが必要です。意外と力持ちで軽くフタをしたくらいでは持ち上げて脱出しまうため、重りを載せて簡単には外れないようにしてください。

バックスクリーン・フタに関してはこちらもご参考にしてください。

貝殻

オカヤドカリは脱皮のたびに宿となる貝殻も交換します。そのため、新しい貝殻を用意しなければならないのですが、貝殻の好みは個体ごとに異なり、好みに合わない貝殻には入りません

場合によっては他の個体の宿を奪いに走ることもあるので、貝殻はなるべく色々な形状・大きさのものを用意してください。

エサ

オカヤドカリは雑食性なので何でも食べてくれますが、本能的に栄養が偏ることを避けようとするためか、同じものばかりを与えていると食べなくなります。そのため、エサは植物質のものと動物質のものを、バランスよく与える必要があります。

植物質のエサとしては、果物や野菜の端材で補えます。リンゴナシなどは食いつきも良いですが、酸味が強い柑橘類などは嫌う傾向が強いです。野菜類はニンジンレタストウモロコシなどはよく食べますが、タマネギなどの辛みや匂いが強いものは嫌う傾向にあります。

動物質のエサは、魚介類を好みます。アジサバなど私たちが日常的に口にする魚でも十分で、加熱した切り身などを皮ごと与えると良いでしょう。

他にはニボシ乾燥エビ、加熱した貝類なども食べます。また、市販されている「ザリガニのエサ」は、オカヤドカリにとっても総合栄養食になり得るので、たまに与えると良いでしょう。

オカヤドカリの飼育環境

温度・湿度

オカヤドカリに適した温度は20~28℃です。もともとは亜熱帯に生息している生物なので低温には弱く、15℃を下回ると生存が危うくなります。また、高温には比較的強いですが、30℃を超えるような温度に晒され続けると危険です。夏と冬は各種温調機器を用いて温度を調節してください。

それから、オカヤドカリの飼育においては湿度も重要で、適した湿度は70%前後です。前述したように、オカヤドカリはエラが湿っていないと呼吸ができないので、エラが乾かないように湿度にも気を付けてください。

なお、ヒーターは水槽全体を温められる、パネルヒーターフィルムヒーターを用意してください。局所的に温めるものは暖を取れる場所が乾燥しやすいので、オカヤドカリに飼育においては不向きです。こうしたヒーターを使用すると乾燥しやすいので、冬季の湿度には十分に注意してください。

底砂について

オカヤドカリの飼育においては、底砂は適度に真水で湿らせておく必要があります。なぜなら、脱皮をする際には底砂を掘って砂中に潜り、そこで殻を脱ぐので乾燥していると掘ったそばから崩れてしまい、上手く潜れないからです。

逆に、水分が多すぎて砂中に止水が生じることでも問題が発生します。止水には酸素がほとんど含まれておらず、嫌気性細菌が増殖すると生物にとって猛毒の硫化水素が発生する原因になります。

結果として、砂中に潜ったオカヤドカリが酸欠などに陥り、命を落としてしまうこともあるので注意してください。また、底砂は飼育していると汚れてくるので、数カ月に1回は洗浄してください。

洗浄する際は脱皮のために砂中に潜っている個体が居ないかよく確認し、当該個体がいるようでしたらタイミングをずらしてください。砂を洗うときは洗剤などは使用せずに水道水でよく洗い、天日干しをして殺菌・消毒をしてから再利用すると良いでしょう。

飼育水について

水は水分補給のための真水と、外骨格を形成するためのミネラル類を補給するための海水を与える必要があります。真水は水道水でも良いですが通常では塩素が含まれているので、煮沸したり1晩汲み置くなどしてカルキ抜きをしてから与えてください。

海水は人工海水が市販されているので、それを利用すると管理が楽です。水道水をカルキ抜きしてから使用してください。オカヤドカリをはじめとする無脊椎動物は一般的に薬物耐性が低いので、市販されているカルキ抜き剤は使用しないで、曝気などの別の方法を利用するのが安心です。

カルキ抜きに関してはこちらもご参考にしてください。

まとめ・オカヤドカリの飼育方法について

オカヤドカリは陸生のヤドカリで、その可愛らしい姿と仕草から飼育することに人気が出てきた生物です。しかし、乱獲による個体数減少が懸念されており、天然記念物に指定されている生物でもあります。

飼育においては基本を守ればそれほど難しい訳ではありませんが、非常に長寿で人に懐くタイプの生物ではありません。

現時点では絶滅の危惧はないものの貴重な生物であることには変わりなく、安易に手を出して無責任に手放したり、無駄に死なせてしまうことがないよう、よく考えてから飼育に踏み切ってください。

ヤドカリに関してはこちらもご参考にしてください。

コメントする

コメント時の注意事前にご確認ください
  • 商品・製品に関するご質問はメーカーや販売店にお問い合わせください。
  • アクアリウムの管理、熱帯魚に関するお電話でのご質問は承っておりません。
  • 魚の病気・トラブルに関するご質問は、飼育環境ごとに対策が異なるため、正確にお答えすることはできません。
  • 1つのご相談内容につき、1回のご返信とさせていただきます。
  • コメントへの回答はお時間をいただく場合がございますので予めご了承ください。
  • 返信はコメントをご投稿いただいたページ上でさせていただきます。

アクアガーデンのスタッフが水槽レンタル・リース、メンテナンス、引っ越しサービスなど様々なサービスを通して得たアクアリウムの経験や知識をコラムで発信しています。

お問い合わせ

サービスのお問い合わせ・見積依頼

水槽や機材、熱帯魚のレンタル・設置・メンテナンスがセットになった水槽レンタル・リースサービス お手持ちの水槽をプロのアクアリストがメンテナンスしてくれる水槽メンテナンスサービス 水槽リニューアルサービス水槽引っ越しサービスなど様々なサービスがございます。
お見積りは無料となっておりますのでお気軽にお問い合わせください。