金魚の飼い方
金魚鉢で金魚は何匹飼える?金魚鉢のメリット・デメリットと飼育の工夫のサムネイル画像

金魚鉢で金魚は何匹飼える?金魚鉢のメリット・デメリットと飼育の工夫

夏といえば金魚、そして金魚鉢と連想されるくらい、金魚の飼育容器としてイメージが定着しています。
金魚鉢はとても涼しげで可愛らしいく、親しみ深いアクアリウムです。

しかし、金魚鉢は入れられる水の量が少ないため、安定した金魚の長期飼育には向きません。

金魚鉢では体長3~4cmの金魚1~2匹程度の飼育が適正です。
金魚は最大で15cmほどまで成長しますから、終生飼育することは難しいと言えるでしょう。

メダカやアカヒレなど、金魚ほど大きく成長せず、ろ過フィルターなどの機材なしでも平気な魚種は飼育可能です。

金魚鉢のメリット・デメリットや「飼育機材が急に準備できない」とお考えの方に、金魚鉢で金魚を飼育する工夫をご紹介いたします。

金魚鉢の歴史

金魚鉢は江戸時代に広く普及しました。

江戸時代は金魚養殖が盛んで、武士が副業のような感覚で競って養殖・販売を行っており、金魚の養殖が進むと、金魚の価格は下がっていきました。
結果として庶民にも親しまれる魚となり、それに伴いより身近に金魚を楽しめる「金魚鉢」も広まっていったというながれです。

もともと金魚鉢は、池で飼っている金魚をごく短期の間だけ、観賞して涼を楽しむように、と作られたもので、長期飼育にはあまり向いていません。しかし、金魚=金魚鉢というように、広くイメージが認知されています。

金魚鉢飼育のメリット

金魚鉢は見た目が可愛らしくおしゃれ

吉田飼料 太鼓鉢 大

金魚鉢最大のメリットは、『見た目がかわいい』ということです。
インテリア性に優れ、金魚鉢が一つ部屋にあるだけで、おしゃれさ・清涼感がアップします。

夏のインテリアに特に人気です。

金魚鉢は小さいので水換えが楽!

お手頃なサイズが多い金魚鉢は、水換えが楽です。総水量が少ないので、バケツを持って何回も部屋を往復する!ということはありません。

水を注ぐのもラクにできますので、その点に関しては初心者でも扱いやすい飼育容器と言えるでしょう。

※この写真は短期展示ですのでたくさんの金魚を入れています。

金魚鉢は金魚の観察を行いやすい

金魚鉢はガラス製樹脂製です。
もともと、観賞に重点をおいて製作された容器ですので透明度が高く、金魚の観賞に非常に適しています。上や横からも存分に鑑賞できるため、金魚の体調のチェックもできます。

アクアリウム 設置 管理 水槽メンテナンス

金魚鉢飼育のデメリット

金魚鉢は水量が少ない

7cmぐらいの金魚1匹の飼育には、水10L程度が必要です。

金魚鉢の弱点は、『いれられる水の量が少ないこと』です。

金魚は餌を食べるのが好きで、フンもたくさんします。つまり水が汚れやすいということです。

飼育容器の水の量は多ければ多いほど、フンなどから発生する有害物質(アンモニアなど)を薄めることができ、水換えのリミットを延ばすことができます。

しかし金魚鉢に入るのは1L~7L程度と、金魚を安定して飼育するのには少ない水量です。

金魚鉢は水温調節ができない

金魚鉢は水の量が少ないため、水温が変化しやすいです。

夏は水温が高くなりやすいですし、冬は水温の低下が顕著です。金魚は飼育できる水温の範囲が比較的広いですが、急激な温度変化には弱く、病気や体調不良の引き金になります。

水温を一定にするため、冬は水槽用ヒーターなどを使いますが、金魚鉢は湾曲しているため、水槽用ヒーターを入れることができません。
金魚に水槽用ヒーターはあまり必要ありませんが、あまりに寒い場合はあると消化不良等のトラブルを防げます。

金魚鉢はろ過フィルターやエアレーションを設置しにくい

飼育スペースが狭いことで、使用できる機材がかなり限定されます。

魚の長期飼育には、アンモニアなどの有害物質を低毒化する『バクテリア』を育てなければ難しいのですが、そのためには濾過装置(フィルター)が必要です。
水作 ニューフラワー DX

しかし金魚鉢は小さいので入るものはほとんどありませんし、大型の金魚鉢でも内部のスペースが確保できないため、強い水流が起こりがちです。

ろ過フィルターがないと水流が起こらないため止水状態です。酸素が水中に溶け込みにくくなります。

ろ過フィルターを使用せず、水量の少ない容器で飼育すると、金魚は酸欠になりやすいです。
新しい水に換えれば有害物質を排出しつつ酸素を供給できますのが、それだと1日1回など、頻繁な水換えをしなければいけません。

金魚鉢で金魚を多く飼育する工夫

金魚鉢飼育での水換えペース

特別な設備は用意できない!という方におすすめしたいのがシンプルに『水換え』です。

飼育水を一日に一回、必ず2/3~全部取り換えることも、金魚鉢飼育では非常に有効です。
しかし頻繁過ぎる水換えは金魚のストレスになり、トラブルのもとになりやすいです。

また、水換えの際に、網ですくうのも金魚には大きなストレスです。なるべく、水換えを延ばす方法を考えてあげたいです。

金魚鉢の酸素供給法

金魚鉢ではよく、金魚が水面に口を出してパクパクしている光景が見られますが、酸欠による『鼻上げ』であることがほとんどです。

酸素供給にはエアレーション(ぶくぶく)が有効ですが、小さすぎる金魚鉢では、使用が難しいです。そんなときは急場しのぎですが、『酸素をだす石』が良いです。ただし、価格もそれなりにします。

ニチドウ 金魚のための酸素を出す石

コストパフォーマンスはあまりよくありませんが、短期飼育では一つの手であります。

金魚鉢は直射日光の当たる場所に置かない

水温管理が大変な金魚鉢飼育では、直射日光は厳禁です。

一日における温度の変化がとても激しくなってしまうからです。

また、金魚鉢は球体ですので、レンズ効果に気を付けましょう。
日光が収束されすぎると金魚にも悪影響(落ち着かない、ストレス、急激な温度変化)です。なるべく日陰に置いて明かりはライトで調節してあげましょう。

まとめ:金魚鉢で金魚を多く飼う方法とは?

金魚鉢での金魚飼育は短期飼育用と割り切ったほうが良いです。

小さな金魚を1~2匹程度しか飼えないことや、水量が少ないのはデメリットですし、ろ過や酸素供給の事を考えれば、水槽の方が割安だったりします。

テトラ (Tetra) ホワイトアクアリウム スリム 420 水槽 熱帯魚 メダカ 金魚

金魚は長生きする魚ですので、金魚の成長に合わせて、飼育環境を整えてあげると良いでしょう。

人懐っこい魚ですので、可愛がってあげてください。

コメントする

コメント時の注意事前にご確認ください
  • 商品・製品に関するご質問はメーカーや販売店にお問い合わせください。
  • アクアリウムの管理、熱帯魚に関するお電話でのご質問は承っておりません。
  • 魚の病気・トラブルに関するご質問は、飼育環境ごとに対策が異なるため、正確にお答えすることはできません。
  • 1つのご相談内容につき、1回のご返信とさせていただきます。
  • コメントへの回答はお時間をいただく場合がございますので予めご了承ください。
  • 返信はコメントをご投稿いただいたページ上でさせていただきます。

金魚に愛を注いでいるWeb担当。
かわいい金魚の為なら腰痛も何のその。金魚のテンションがMAXになる魔法の餌・アカムシを与えることに喜びを感じています!アクアリウムに親しめる、良い情報をお届けできるように勉強&実践中です。文章づくりも頑張ります!

お問い合わせ

サービスのお問い合わせ・見積依頼

水槽や機材、熱帯魚のレンタル・設置・メンテナンスがセットになった水槽レンタル・リースサービス お手持ちの水槽をプロのアクアリストがメンテナンスしてくれる水槽メンテナンスサービス 水槽リニューアルサービス水槽引っ越しサービスなど様々なサービスがございます。
お見積りは無料となっておりますのでお気軽にお問い合わせください。