ナンヨウハギのページ

ナンヨウハギ

No.
38

お魚図鑑 ナンヨウハギ

ナンヨウハギはスズキ目ニサダイ科の熱帯性海水魚で約30cm前後に育ちます。自然界ではインド洋から太平洋沿岸の温暖な海域にかけて広く分布しており、水深の浅いサンゴ礁などを主生息地に選び仲間同士群れを作るので基本的には温和な魚です。


ナンヨウハギの基本情報

お魚図鑑 ナンヨウハギ メインイメージ

水質海水魚。pH7.8~8.4ほどが得意。海水魚なのでpH低下に気を付けよう!
水温は24~26度まで平気。
サイズ最大、約30cmまで大きくなる!
寿命野生個体が約10年。飼育下個体が約8年ほど
植物性の海水魚用餌、小さな生餌(ブラインシュリンプ、コペポーダ、イサザアミ)
混泳温和な性格なので基本的に同種・他種に限らず混泳可能です。
特徴

大西洋を除くインド洋から太平洋南部・赤道直下を中心に広く分布します。サンゴ礁を主生活域に選ぶ魚で、幼魚の隠れ家や寝床などナンヨウハギとサンゴの関係性はかなり根強いです。

最大全長が約30cm前後と良い迫力があり、コバルトブルーの体色をベースに黒いストライプ模様が入り、鮮やかな黄色の尾びれが特徴的です。そのため人気種として不動の地位を持っています。

野性下の主食は動物性プランクトンですが植物食を好む傾向があり、飼育下では『植物性人工飼料』メインでたまに『冷凍餌』を与えてください。
必須ではありませんが、水槽内にサンゴを用意すると安心し、横になり休む独特の睡眠方法が観察できることがあります。

アクアリウムショップでは幼魚が販売されていることが多く、おおよそ2,000~5,000円の値段で販売されています。
成長するとよほどのことがない限り頑丈な魚なのですが、幼魚の内はかなりひ弱な部分があるので、水合わせ等は時間をかけて慎重に行ってください。

国内でも伊豆諸島南部や沖縄県・近隣諸島のサンゴ礁に生息しており、ダイバーにとって身近な魚です。

ナンヨウハギを購入する

東京アクアガーデンスタッフの一言コメント

スタッフのコメント

ナンヨウハギは最大体長を除けば非常に飼いやすい魚で、熱帯性海水魚入門種と紹介されがちです。
ただ30cm前後まで育つので水槽は最低でも横幅90cm以上での飼育が好ましいでしょう。奥行きもできれば60cmあると快適です。

幼魚のうちはこじんまりとしており可愛らしいのですが、成長スピードが早くあっという間に大きくなります
その上かなりの大食漢で水質も頻繁に汚すので、ろ過装置は『オーバーフロー式』が最適です。
それらを踏まえると、初心者にとって最適というわけではない魚種であることを覚えておきましょう。

もともと、温暖な水温の浅いサンゴ礁を好むおとなしい魚で、他の海水魚と一緒に飼育できます。
注意点としてナンヨウハギが水槽内先住魚や大型の場合には、まれに新規導入魚を追いかけまわし弱らせるケースがあることです。
そのため出来るだけナンヨウハギを後から水槽に入れるか、セパレーター等で区切り徐々に慣らしてあげましょう。

一番飼育に気を使う点は水質でしょう。
pH7.8~8.4、水温24~26℃、塩分の比重は1.020~1.024を維持します
この環境が崩れると弱ってしまい、白点病などに罹病しやすくなるので注意しましょう。
体調が悪い場合は体全体が白く濁りますが、これは夜間の睡眠時にも見られる特徴なので早合点せず、よく観察してあげてください。

餌の与えすぎも水質悪化に直結するので、一度にナンヨウハギが食べられる適量を与えるのがベストです。
食べ残しを取り除くために『プロテインスキマー』を設置すると、かなり日々のお世話が楽になります

余談ですが、水族館などでは形がふぞろいで出荷できない葉野菜『キャベツ』や『レタス』などを主食に与えているほど、餌については全く選り好みをしないので、与えすぎだけに注意しましょう。

ナンヨウハギが泳いでいる水槽事例

サンゴ水槽を遊泳する姿は非常に見栄えが良く目を惹きます。超大型水槽でない限り窮屈になるので、90cm水槽では1匹、150cm水槽以上では2匹ほどがアクセントとして際立ちます。

人気の飼いやすい海水魚ベスト20!【Part2】を動画で解説!

飼育と混泳をさせやすい海水魚種を動画で解説します。
こちらはパート2です。

パート1はこちら!

ぜひ、チャンネル登録をお願いいたします!


トロピカチャンネルでは、熱帯魚飼育からアクアリウムの機材についてまで配信しています。

トロピカチャンネルYoutube

読みもの

ナンヨウハギについてはこちらでも詳しくご紹介しています!
東京アクアガーデン公式サイトのコラムと、アクアリウム情報サイト・トロピカにて、情報をご提供しています。

コラム

ナンヨウハギについての情報や熱帯魚についてを解説したコラムです。トロピカに掲載した記事をさらにパワーアップした内容になっています。

アクアリウム情報サイト・トロピカ

トロピカでは、ナンヨウハギに関する豆知識を細かく解説しています。

その他の淡水熱帯魚やメダカ・金魚などの観賞魚についてや、海水魚などについてをご紹介しています。

ぜひご覧ください!

コメントする

コメント時の注意事前にご確認ください
  • 商品・製品に関するご質問はメーカーや販売店にお問い合わせください。
  • アクアリウムの管理、熱帯魚に関するお電話でのご質問は承っておりません。
  • 魚の病気・トラブルに関するご質問は、飼育環境ごとに対策が異なるため、正確にお答えすることはできません。
  • 1つのご相談内容につき、1回のご返信とさせていただきます。
  • コメントへの回答はお時間をいただく場合がございますので予めご了承ください。
  • 返信はコメントをご投稿いただいたページ上でさせていただきます。

執筆者 アクアガーデン

アクアガーデンのスタッフが水槽レンタル・リース、メンテナンス、引っ越しサービスなど様々なサービスを通して得たアクアリウムの経験や知識をコラムで発信しています。

facebook Twitter instagram youtube tropica
東京アクアガーデン

お問い合わせ

サービスのお問い合わせ・見積依頼

水槽や機材、熱帯魚のレンタル・設置・メンテナンスがセットになった水槽レンタル・リースサービス お手持ちの水槽をプロのアクアリストがメンテナンスしてくれる水槽メンテナンスサービス 水槽リニューアルサービス水槽引っ越しサービスなど様々なサービスがございます。
お見積りは無料となっておりますのでお気軽にお問い合わせください。