サンゴ水槽はLED照明で管理しよう!おすすめのLED5選と夜間照明についてのページ
サンゴ水槽はLED照明で管理しよう!おすすめのLED5選と夜間照明についてのサムネイル画像

サンゴ水槽はLED照明で管理しよう!おすすめのLED5選と夜間照明について

海水魚飼育で水槽内にサンゴを入れている人は多いですが、照明器具に悩む人は多く、ひと昔前ならメタハラ蛍光灯が主流でしたが、最近はLEDでサンゴを育てることも可能になっています。

メタハラと比べると長持ちしコスパもよいLEDですがLEDライトにも種類があるので、サンゴ飼育に必要な波長の出るものを選ぶ必要があります。

今回はサンゴ水槽におすすめのLED商品5つの紹介と、サンゴ水槽に夜間照明が必要なのかについてお話していきます。

サンゴ水槽におすすめのLED照明5選!

それではまず、サンゴ水槽におすすめのLED照明を5つご紹介していきます。

商品によって特徴が異なるので、LED照明を選ぶときは飼育するサンゴの種類と商品の特徴が合うものを選びましょう

グラッシーレディオ RX122 reef

ボルクスジャパン GrassyLeDio(グラッシーレディオ) RX122 リーフ

ボルクスジャパン「グラッシーレディオ RX122 reef」は、フルスペクトル使用でUVも完備しているため、サンゴ育成に最適のLED照明と言えるでしょう。同じグラッシーレディオシリーズで、目的の異なる商品もいくつか販売されています。商品の特徴は次の通りです。

  • 太陽光に近い光
  • サンゴの成長に有効と言われている近紫外線やUVのLED素粒子を配合
  • シアン波長をもつLED素子を配合しているので、シアン不足を解消している

スポットタイプの照明ですが、60cmサイズくらいの水槽ならメインの照明としても十分な光量で、大型水槽では複数で使用することでメイン照明にすることも可能です。もちろん、大型水槽の場合はメインに別の照明を使用して、補助でグラッシーレディオを使う方法もあります。

また別売りになっているUSBで使用することのできるモジュールを購入することで、スマホアプリを通してタイマーや光量の調整が可能となっています。

Ai Hydra 32 HD

AquaIllumination Hydra 32 HD LEDリーフライト ブラック HYD32HDB 1

「Ai Hydra 32 HD」は、大型水槽向きのLED照明です。海水魚飼育では日本よりも一歩先を行くアメリカでも高評価を得ています。

ボルクスの照明同様に、フルスペクトルのLED照明なので、サンゴ水槽にピッタリと言えるでしょう。スマホで照明をコントロールすることが可能で、波長は1%単位で調整を行えるという優れものです。

アクアリウム ライト LED Asta 20

Lominie LEDアクアリウムライトNano Asta 20フルスペクトルリモートコントロール魚タンクランプ4チャネル調光可能な海水サンゴ礁水族館 (海水 Asta S20)

「LED Asta 20」は、45cmくらいまでの小型水槽向きのLED照明で、リモコン付きで気軽に光量を微調整することができます。

サンゴ飼育に適切なスペクトルのLEDライトで、UVも含まれているためサンゴの良い状態を維持することができます。

購入時に拡散レンズと集光レンズが付属しているので、水槽に合わせてレンズの付け替えが可能です。

NEMO LIGHT(ニモライト)

マーフィード「ニモライト」は、薄型設計なので水槽上部に設置しても邪魔になりにくく、優れた明るさから、60cm~90cmの水槽に対応できます。

サンゴ飼育に適切な光量を1%から調節できる・天候に合わせた照明を再現できるなど、細かなニーズに合わせた設定が可能です。
サンゴ用照明のなかではリーズナブルなのもおすすめポイントです。

Lighting Master 24DC コーラルブルー 30,000K

30,000K 国内組立て正規品 フルスペクトル サンゴ・海水魚育成アクアリウム用 超高輝度LEDランプ Lighting Master 24DC【コーラルブルー】24W型 特殊LED搭載 B.R.S製 PSE認証済み 150Wビーム球相当

Lighting Master「24DC」は、超軽量のフルスペクトル照明です。サンゴの育成に必要な素子を厳選していて、自社開発したオリジナルの素子も使用し、UV素子も採用されています。

レンズの焦げ防止にシリコンを使用しており、以前のタイプよりも故障しにくい設計になっています。

このタイプの照明を使用したときに、光の横漏れが気になっていた人は多いと思いますが、この商品では光の横漏れを押さえているので室内でも安心して使用することができます。

サンゴ向きなLED照明とは?

サンゴは水草などと同じように光合成を行うため、光が必要な生き物です。

しかし一般の水草と比較すると、必要とする光の波長が異なるので、サンゴ向きのLEDライトを使用しないと、枯れてしまいます。

サンゴ飼育に向いているLEDは「フルスペクトル」タイプのものです。一般的なLEDライトは青い色のものは青のみ、白なら白とその色のみの波長しか出すことができません。

サンゴが光合成を行うためには、全ての波長が必要となるので、ひとつの波長だけでは光合成ができないのです。

フルスペクトルタイプのLED照明なら、太陽の光に含まれている全ての波長を途切れることなくサンゴに与えることができます。

蛍光色系のサンゴなら、さらに蛍光色の発起に有効と言われているUV領域の波長」のあるものを選ぶと色揚げ効果が期待できます。

サンゴに夜間照明は必要なのか

海水魚や熱帯魚を飼育している人の中には、一日中照明をつけっぱなしにしている人がいます。夜間に光をあてる「夜間照明」は必要なのかと悩む人もいるのではないでしょうか。

サンゴや海水魚などの生き物は、自然の中では人間と同じように昼夜のある生活をしているので、人間と同じように、昼夜の感覚が狂ってくると体調を崩してしまうことがあります。毎日決まった時間に照明のオン・オフの切り替えをするのはとても大切なことなのです。

サンゴの場合強い光を長時間当てていると、それが原因で弱ったり枯れてしまうことがあります。いくら光合成をしなければならないといっても、サンゴにも休憩する時間が必要なので、サンゴ水槽で他に生物がいないのであれば、夜間照明はなくても大丈夫です。

「真っ暗になると魚がライブロックなどにぶつかるのが心配」、という場合には補助として夜間照明に暗めの青や紫系、オレンジ系の暗めのライトをおすすめします暗めのライトであれば、サンゴなどの生物にとっては「月明り」程度と認識することが多いので、十分に休眠を取ることができます。

まとめ:サンゴ水槽はLED照明で管理しよう!おすすめのLED5選と夜間照明について

今回はサンゴ水槽におすすめのLED照明を5つご紹介と、サンゴ水槽の夜間照明についてお話しました。

LED照明はメタハラや蛍光灯と比較すると初期投資の費用は高めですが、長持ちするのでコスパが非常によく、発熱もほとんどありません。そのため水温を上げにくいというメリットもあるので、LEDライトを選ぶ人が増えています。

サンゴは水草のように光合成を行いますが、必要とする光の波長が水草と異なるので、フルスペクトルのLED照明を選ぶ必要があります。蛍光色系なら、色揚げに必要なUVも含んでいるとなおよいです。

サンゴや海水魚も人間と同じように昼夜のサイクルがあるので、1日中ライトをつけっぱなしにしていると、ゆっくり休むことができず調子を崩したり、弱ってしまうので照明のオン・オフの時間を決めましょう。

夜間水槽内を真っ暗にして、魚がガラスやライブロックにぶつかるのが心配なら、暗めのライトを補助として月明り替わりにすることで、魚がぶつかるのを防ぐことができます。

コメントする

コメント時の注意事前にご確認ください
  • 商品・製品に関するご質問はメーカーや販売店にお問い合わせください。
  • アクアリウムの管理、熱帯魚に関するお電話でのご質問は承っておりません。
  • 魚の病気・トラブルに関するご質問は、飼育環境ごとに対策が異なるため、正確にお答えすることはできません。
  • 1つのご相談内容につき、1回のご返信とさせていただきます。
  • コメントへの回答はお時間をいただく場合がございますので予めご了承ください。
  • 返信はコメントをご投稿いただいたページ上でさせていただきます。

アクアガーデンのスタッフが水槽レンタル・リース、メンテナンス、引っ越しサービスなど様々なサービスを通して得たアクアリウムの経験や知識をコラムで発信しています。

お問い合わせ

サービスのお問い合わせ・見積依頼

水槽や機材、熱帯魚のレンタル・設置・メンテナンスがセットになった水槽レンタル・リースサービス お手持ちの水槽をプロのアクアリストがメンテナンスしてくれる水槽メンテナンスサービス 水槽リニューアルサービス水槽引っ越しサービスなど様々なサービスがございます。
お見積りは無料となっておりますのでお気軽にお問い合わせください。