病院・クリニック・歯科医院に熱帯魚水槽を設置する理由とは?のページ
病院・クリニック・歯科医院に熱帯魚水槽を設置する理由とは?のサムネイル画像

病院・クリニック・歯科医院に熱帯魚水槽を設置する理由とは?

最近は、病院やクリニック、歯医者さんの待合室でアクアリウムを目にすることが多くなりました。

熱帯魚水槽は、さわやかでクリーンをイメージを演出できることから、病院の待合室にぴったりのインテリアです。
アクアリウムの持つ癒しのオーラは、患者さんの不安な心を落ち着かせてくれたり、待ち時間の退屈さを緩和してくれたりといった効果が期待できます。

しかし、熱帯魚水槽ならどんなものでも良いわけではありません。選び方を間違えると、逆効果になることもありますので、導入するならば病院の雰囲気づくりにふさわしい熱帯魚水槽を設置しましょう。

ここでは、病院やクリニックに設置するのに最適なアクアリウムについて考えていきます。

※このコラムはアクアリウム情報サイト・トロピカの記事に、最新の情報を加えて再構成したものです。

プロアクアリストたちの意見をもとにご紹介


このコラムは、東京アクアガーデンスタッフであるアクアリストたちの意見をもとに作成しています。

東京アクアガーデンは、病院やクリニック、歯科医院への水槽設置実績も大変豊富です。

たくさんの水槽を病院に設置していて思うことは、クリニックの雰囲気づくりにアクアリウムがとても重要な役割を果たしているということです。
待合室をパッと明るくできるさわやかな印象水槽を設置することで、また通いたくなるような柔らかな雰囲気を演出することができ、ひいては集患、増患対策としても非常に有効です。

ここでは、多くの設置実績を持つスタッフの意見を参考に、病院に設置するのに最適なアクアリウムについてご紹介していきます。

なぜクリニックや歯医者にアクアリウムを置くの?


なぜ、クリニックや病院の待合室にアクアリウムを設置するところが増えているのでしょうか。

東京アクアガーデンに実際に寄せられた設置依頼やご意見、ご相談内容をまとめたところ、主に以下の4つの理由が浮かび上がってきました。

  1. 待ち時間対策
  2. 増患、集患対策
  3. 子供のおもちゃ代わりに
  4. 院内の雰囲気づくりや清潔感のPR

クリニックや病院、歯科医院の待合室に熱帯魚水槽を設置する理由を詳しく見ていきましょう。

1.待ち時間対策

熱帯魚水槽を設置したい理由として一番良く上がるのが、待ち時間対策です。

病院では受付から診察、診察からお会計までの間にどうしても待ち時間が発生してしまいます。
待ち時間が長いと、人はあまり良い印象を受けません。しかしただ待っているのではなく、そこに何かしら暇をつぶせるものがあれば印象はかなり和らぎます。

アクアリウムには、眺めているだけで退屈を緩和し、場を和ませてくれる効果がありますので、待ち時間対策としては非常に有効です。
やはりアクアリウムがあると、自然と水槽に目が行きますし、魚たちの優雅な動きは眺めているだけで、退屈しません。

また、患者さん同士や患者さんと病院スタッフとの会話のきっかけになり、病院に親しみを持ってもらえることも多いようです。
水槽を設置したことで、病院スタッフ同士のコミュニケーションも取りやすくなったというような話も上がっていました。

2.増患、集患対策

増患、集患の効果を期待してアクアリウムを設置したいという声もよく聞かれます。
特に子供向けの小児科や女性向けの病院では、来院のきっかけ作りに導入されるようです。

アクアリウムがあるとわかると、クリーンなイメージが湧きますし、差別化が求められる現代において、熱帯魚水槽があるというのは一つのアピールポイントにもなります。
最近は、病院やクリニックもホームページを作っているところが多いです。ホームページにアクアリウムの写真を載せてPRするのも、集患対策として効果的です。

3.子供のおもちゃ代わりに

頂いたご意見の中で、「なるほど」と感心したのが、子供のおもちゃ代わりとして水槽を導入したいという設置依頼です。

病院やクリニックでは、院内感染対策に特に気を配られていますが、子供がベタベタとさわってしまう、絵本やぬいぐるみは雑菌や病原菌の媒介となるため、最近では置かない医院が増えているそうです。
しかし、子供向けに何かしらの娯楽を用意してあげたいということで、おもちゃの代わりに水槽を設置する病院が増えています。

アクアリウムは水槽内を泳ぎ回る魚を見て楽しむものなので、病原菌を媒介させる心配がなく安心です。

4.院内の雰囲気づくりや清潔感のPR

病院では、院内の雰囲気づくりというのもとても大切です。暗い雰囲気の病院にはあまり行きたくありませんし、本当に治るのか不安になってしまうことも。
アクアリウムは、そんな病院の少し陰鬱な雰囲気を改善してくれる最適なインテリアとして重宝されています。

熱帯魚水槽は場を明るくさわやかな雰囲気にしてくれますし、見る人を癒し安心させてくれる効果も高いです。
また、アクアリウムの持つ水のイメージは清潔感にもつながります。

歯科医院では、白い歯のイメージと絶妙にマッチすることから、白い砂を使った海水魚水槽が人気です。

病院やクリニックにおすすめのアクアリウムとは


病院やクリニックに設置する水槽は、どんなものでもよいというわけではありません。
アクアリウムにも、レイアウトの仕方や飼育する生き物によって様々な雰囲気があるため、演出したい雰囲気や設置場所に合わせた内容を選ぶ必要があります。

ここからは、病院やクリニックに設置する水槽のポイントとして押さえておきたい

  1. 淡水魚水槽より海水魚水槽がおすすめ
  2. 地震や事故に強い安全な水槽
  3. クリーンな印象の白を基調とした水槽

の3点について解説していきます。

1.淡水魚水槽より海水魚水槽がおすすめ

熱帯魚水槽には、主に川などの淡水域に生息する魚を飼育する淡水魚水槽と、海に生息する生き物を飼育する海水魚水槽があります。
どちらも美しいことに変わりはありませんが、明るく華やかな雰囲気を演出するのであれば海水魚水槽がおすすめです。

海水魚水槽では、白い砂やライブロック(サンゴ)を使ったポップなレイアウトが多く、清潔で明るい病院づくりというテーマにマッチした水槽に仕上げることが可能です。
また、アニメ映画の影響から知名度の高いカクレクマノミやナンヨウハギを使った水槽も人気で、コミュニケーションのきっかけ作りや、子供、女性へのアプローチとしても最適です。

2.地震や事故に強い安全な水槽

熱帯魚水槽の安全に気を配ったことはありますか?
意外と見逃されがちな水槽の安全対策ですが、病院に設置するからこそ、しっかり対策しておきたいポイントでもあります。

水槽はガラスなどの割れやすい素材でできている事はもちろん、重量も相当なものですので、地震や事故で倒れたり落下して破損したりすると大変な被害をもたらします。
専門の業者が設置しているものであれば、当然対策されていることが多いのですが、もし病院で管理している水槽がある場合は以下の点に注意してみてください。

倒れにくい水槽にする

専用のものではないメタルラックや棚、カウンターなどに水槽を置いている場合は、台の耐荷重を確認してみましょう。
水槽は意外と重量があるので、耐荷重があっていないと台が破損したり倒れてしまう事があります。

専用の水槽台であれば、しっかりとしていて水槽の重さにも耐えられるよう安全に配慮して設計されていますので、不安があるようならば水槽台の設置をおすすめします。

また、市販のグッズを使って耐震対策を施すことでも安全性はぐっと上がりますので、こちらも検討してみてください。

点検扉に鍵をかける


水槽周りの機材を収納している扉には、鍵やストッパーを付けて誰でも開けることができないよう工夫をしておくと安心です。
機材はいたずらに触られてしまうと、水槽で飼育している魚たちの命にもかかわります。不意の事故を防止することもできますので、対策しておくと良いでしょう。

水槽上部から手や指が水の中に入らないように工夫する


アクアリウムには引き寄せられるような魅力がありますが、実際に水に触れられてしまうのはあまり良くありません。

特に子供は水槽に手を突っ込んでしまう事もありますので、蓋やカバーをして触れられないように対策しておきましょう。

3.クリーンな印象の白を基調とした水槽


病院で演出したい雰囲気といえば、『清潔感』『クリーン』『明るい』などが上がりますが、これを演出できる色がまさに白色だと考えています。

根拠があるというわけではありませんが、病院に設置される水槽の多くは白を基調とした明るいイメージのアクアリウムです。
もちろん、シックな雰囲気の病院であれば黒や茶で少し大人な雰囲気を出すこともありますが、やはりダントツで人気なのは白い砂を使ったレイアウトや、白い水槽台のアクアリウムです。

ちなみに水槽の背景(バックスクリーン)には、白を引き立たせ、人を落ち着かせる効果のある青色などがおすすめです。

まとめ:病院・クリニック・歯科医院に熱帯魚水槽を設置する理由とは?


病院やクリニック、歯医者さんへ水槽を設置する理由や見込める効果についてご紹介しました。

アクアリウムには設置するだけで、人々を和ませ癒す不思議な力があります。
この癒しの力が、病院本来の役割とマッチしていることから、クリニックへの設置事例も増えているのではないでしょうか。

また、熱帯魚水槽は場の雰囲気づくりやアピールポイントとしても最適です。水槽を設置することで、明るく通いやすい病院になり、集患、増患対策としても効果を発揮することでしょう。

様々な効果が期待できるアクアリウム、ぜひ水槽の設置を検討してみてはいかがでしょうか。

病院の先生や看護師、スタッフの方々の手を煩わせることなく水槽を設置するならば、専門業者に管理を委託できるレンタル水槽がおすすめです。
導入をご検討の際にはこちらもぜひご一読ください。

病院・クリニックの水槽設置について良くある質問

病院・クリニックに水槽を設置するメリットとは?

魚やエビ・サンゴなどの生き物を楽しめるアクアリウム水槽は、緊張してしまう診察前や、退屈しがちな待ち時間の対策になります。
自然を感じると心が和むように、水槽は患者様の緊張をほぐすことに役立ちます。
水槽のある病院として印象に残りやすく、他院との差別化もはかれます。

水槽は院内のどこに設置すると効果的ですか?

下記の場所への設置がおすすめです。

  • 受付・エントランス
  • 待合室
  • 診察室前
  • 廊下
  • 薬局内
  • 会計所 など

患者様の出入りが多い・滞在時間が長い場所なら水槽を楽しんで頂けますし、印象に残りやすいです。

設置する水槽はどんなものがおすすめですか?

病院・クリニックでは海水魚水槽がおすすめで、実際に設置事例も多いです。
海水水槽のレイアウトは透明感があり白い水槽台と合うため、清潔なイメージを演出しやすいです。
カクレクマノミなどのカラフルな海水魚たちは、明るく映え子供たちにも人気です。

病院に水槽を設置する場合の注意点とは?

受付や待合室・廊下など人通りの多い場所では、通行しやすい形状やサイズの水槽を設置するようにします。
振動や地震対策として、耐震バンドや天蓋(キャノピー)などを施した水槽もおすすめです。
窓際や日光の当たる場所では水槽内にコケが生えやすくなるため、設置を控えましょう。

 

コメントする

コメント時の注意事前にご確認ください
  • 商品・製品に関するご質問はメーカーや販売店にお問い合わせください。
  • アクアリウムの管理、熱帯魚に関するお電話でのご質問は承っておりません。
  • 魚の病気・トラブルに関するご質問は、飼育環境ごとに対策が異なるため、正確にお答えすることはできません。
  • コメントへの回答はお時間をいただく場合がございますので予めご了承ください。
  • 返信はコメントをご投稿いただいたページ上でさせていただきます。

知る人ぞ知る、東京アクガーデンのトップ代表CEO。魚の知識は少ないけれど、熱帯魚業界は熱く語ります。20キロ痩せたことが一番の自慢、ダイエットも仕事も同じだー!!

お問い合わせ

サービスのお問い合わせ・見積依頼

水槽や機材、熱帯魚のレンタル・設置・メンテナンスがセットになった水槽レンタル・リースサービス お手持ちの水槽をプロのアクアリストがメンテナンスしてくれる水槽メンテナンスサービス 水槽リニューアルサービス水槽引っ越しサービスなど様々なサービスがございます。
お見積りは無料となっておりますのでお気軽にお問い合わせください。