プロが教える!薄型のスリム水槽でもカッコよくレイアウトするテクニックのページ
プロが教える!薄型のスリム水槽でもカッコよくレイアウトするテクニックのサムネイル画像

プロが教える!薄型のスリム水槽でもカッコよくレイアウトするテクニック

水槽設置スペースの関係からスリム水槽を選ぶ方もいますが、奥行きや高さが通常の水槽よりも短いため、水槽内のレイアウトに悩むこともあります。
狭い場所に設置できるという大きなメリットはありますが、金魚や熱帯魚などの生物に合わせた格好良い水槽を作るには、ちょっとしたコツが必要になってきます。

今回はスリム水槽とはどんな特徴があるかやメリット、そしてカッコいい水槽レイアウトを作るためのポイントなどについてお話していきます。

スリム水槽とはどんな特徴のある水槽なのか?

スリム水槽とは、規格サイズの水槽よりも幅と高さが短い水槽です。
例えば横幅90cmの水槽ですと、奥行・高さが45cmのものが標準的ですが、スリム水槽では奥行30cm・高さ36cmなど横幅はそのままに小型化されています。

  • 横幅が欲しいけれど、通常規格では重量が重すぎる
  • 設置スペースに奥行きが収まりきらない
  • 水量はそこそこ確保したい

といったときに、おすすめのタイプです。
スリム水槽は60~90cmほどが主流ですが、120cmのものも流通しています。

それ以上の横幅やご希望のサイズ感の水槽が欲しい場合は、オーダーメイドで購入します。

東京アクアガーデンでもそういったオーダーメイド水槽の制作を承っております。

ぜひ、ご相談ください。

スリム水槽のメリットとデメリット

スリム水槽は一般の水槽と比較すると、奥行きや高さがないので水槽を設置する場所の奥行きや高さがないという場所でも設置しやすいです。

また規格サイズよりも水量が少なくてすむため、水や底砂などを入れてセッティングした際の重さが一般の水槽よりも軽くなるというメリットがあります。

水槽の重量に関してはこちらの記事で自動計算機能がありますので、気になる人は計算してみてはいかがでしょうか。

デメリットは、水槽の水量が少ないために一般の水槽よりも熱帯魚の数が少なくなってしまうというのがまずひとつ。そして水量が少ないため、室温などの外気温の影響を受けやすいというものもあります。

そして今回の本題である水槽レイアウトでも、高さのあるレイアウトを作ることができない・水槽内が狭くみえてしまいがちというデメリットがあります。大きな流木や石、大型の水草を使用するレイアウトを作りにくいので、自分が思っていた手の込んだレイアウトが作りにくいという方は多いようです。

スリム水槽でカッコイイレイアウトを作るコツとは?

高さや奥行きのないスリム水槽でカッコいい水槽レイアウトを行うには、以下の3つのポイントを抑えておく必要があります。

背の高い場所を作る


スリム水槽は高さがないために、背丈の高い水草をさけてしまいがちです。しかし見栄えが良くカッコいい水槽レイアウトを作るためには、水槽内に高さのある場所を作るのがポイントです。

例えば、水草をメインにする水槽レイアウトでは、アヌビアス・ナナのような短い水草は岩組や流木で高い位置に配置したり、バリスネアのような草丈が高くシュッとした水草は植え込むことで、圧迫感を控えめにしつつ、ボリュームをしっかりと出すことができるようになります。

空間を広く設ける

スリム水槽のような薄型の水槽レイアウトでは、圧迫感が出やすいという特徴があります。そのため、水草などを植え込む場合でも、水槽内に何も置かない場所を作り出すことで、圧迫感を抑えることができます。

基本的には水槽一面に水草やレイアウト用の小物・流木・石などを置くのではなく、適度に空間のあるシンプルなレイアウトにすることで、見栄えがよくなります。

濃い色のバックスクリーンを貼らない

スリム水槽は奥行きが短いという特徴がありますが、これが逆に水槽レイアウトでデメリットになってしまうことがあります

水槽の背面に青や黒といった色の濃いバックスクリーンを貼ることがありますが、スリム水槽では濃い色のバックシートだと奥行きが詰まって見えてしまうため、水槽内が狭く見えてしまうためです。

奥行きがなく狭く見えてしまうと、圧迫感を感じてしまう人もいます。そのためスリム水槽では濃い色のバックスクリーンは避けましょう。

バックスクリーンについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

悩んだら他の人のレイアウトをまねてみるのもあり!

スリム水槽のレイアウトのポイントを頭に入れていても、どうしても良いレイアウトが浮かばない・作れないということは誰にでもあります。

水槽レイアウトが苦手だったり初めて水槽レイアウトを行う場合には、ショップの水槽レイアウトや、他の人の水槽レイアウトをベースにしたり、まねてみることで具体的なイメージがわきやすくなります。

またこちらの水槽レイアウトについての記事も参考にしてみてください。

まとめ:スリム水槽でもポイントを抑えればカッコイイレイアウトが作れる!

スリム水槽は奥行きと高さがないため、狭い場所でも設置しやすいというメリットがありますが、飼育する熱帯魚の数が少ないなどデメリットもあります。

水槽レイアウトでは、圧迫感を与えてしまったり、水槽内が狭く見えるようなレイアウトをしてしまいがちです。

しかし高さのある場所を作ること、空間を広く設ける、そして濃いバックスクリーンを貼らないという3つのポイントを抑えるだけで、見栄えが良くなります。

水槽レイアウト慣れしていない・苦手という場合には、ショップのレイアウトや他の水槽レイアウトをまねしてみて自分なりにかカッコいいレイアウトを模索するのも楽しいです。

スリム水槽はレイアウトが作りにくいと諦めずに、自分なりに見栄えが良くカッコイイレイアウト水槽作りにチャレンジしてみませんか。

コメントする

コメント時の注意事前にご確認ください
  • 商品・製品に関するご質問はメーカーや販売店にお問い合わせください。
  • アクアリウムの管理、熱帯魚に関するお電話でのご質問は承っておりません。
  • 魚の病気・トラブルに関するご質問は、飼育環境ごとに対策が異なるため、正確にお答えすることはできません。
  • 1つのご相談内容につき、1回のご返信とさせていただきます。
  • コメントへの回答はお時間をいただく場合がございますので予めご了承ください。
  • 返信はコメントをご投稿いただいたページ上でさせていただきます。

アクアガーデンのスタッフが水槽レンタル・リース、メンテナンス、引っ越しサービスなど様々なサービスを通して得たアクアリウムの経験や知識をコラムで発信しています。

お問い合わせ

サービスのお問い合わせ・見積依頼

水槽や機材、熱帯魚のレンタル・設置・メンテナンスがセットになった水槽レンタル・リースサービス お手持ちの水槽をプロのアクアリストがメンテナンスしてくれる水槽メンテナンスサービス 水槽リニューアルサービス水槽引っ越しサービスなど様々なサービスがございます。
お見積りは無料となっておりますのでお気軽にお問い合わせください。