アナカリスのページ

アナカリス

No.
005

水草図鑑 アナカリス

アナカリスは屋外でも育成しやすいことからビオトープでも採用されている水草です。

冬の水温にも耐えやすく、金魚やメダカなどの無加温飼育でも枯れることはありません。

熱帯魚水槽でも育成でき、マツモ・カボンバと一緒に「金魚藻」と呼ばれていいます

アナカリスの基本情報や特徴、向いている育成環境について、スタッフのコメントを交えつつご紹介します!

アナカリスの基本情報

水草図鑑 アナカリス メインイメージ

水質GH6程度まで、pH7.5あたりまで対応できる
水温は13~28度の範囲で、低水温にも強い
サイズ最長約1mほど。横幅は3~4cm。
底床材大磯砂、ソイル、礫など。浮かべるだけでも育成できる。
Co2CO2添加は無くても育つ。照明もそれほど強くなくて良いが、水草育成用照明がおすすめ。
混泳生体小型魚~中型魚まで。低水温でも育つため、メダカや金魚、ドジョウなどにもおすすめ。
特長

アナカリスの名前で流通していますが、「オオカナダモ」という南米の水草です。
温かい地域の水草ですが、環境適応力が高いため15度以下の低水温にも強く、屋外環境でも容易に育成できます

金魚と相性の良い「金魚藻」としてマツモ、カボンバと共に知られており草姿はマツモと似た印象です。
しかしアナカリスは浮草ではなく、根づかせることもできます

低光量でも枯れず、水質や水温を気にしなくても成長させられるため、アクアリウム初心者から簡単に育てられます。
旺盛な成長力と繁殖力から輸入されて以来、野生でも日本各地に広まっています。
飼育水に浮かせるだけでも十分に育つほどで、気が付いたら繁茂していることも多いので、伸びてきたら適宜カットを行うと良いです。

活着させることは出来ませんが、底床に植えつけられるのでレイアウト用の水草としても楽しめます。
葉が柔らかいため熱帯魚、メダカ、金魚、ベタ、小型シュリンプなどさまざまな生体の水槽に導入できます。

流通は安定しておりショップや通販サイトでいつでも購入できますが、無農薬栽培でないものもあるため、エビ水槽に導入する場合は確認してから購入しましょう。

東京アクアガーデンスタッフの一言コメント

アナカリスはホームセンターなどでも手軽に購入できる水草です。
育成も簡単で、ほとんどのアクアリウムで育てることができます!他の水草がどんどん枯れてしまうような環境でも生き残ることが多いですね。
特筆すべきはその成長速度です。環境が良いと1日に2~3cm伸びることがあるほど!

雪が降る地域での越冬には避難が必要ですが、12~13度程度の低水温でも比較的枯れないのでメダカ鉢やビオトープにもおすすめですよ。

そんなアナカリスですが他の水草と同様に、コケが生えると弱いです。
基本的にどんどん伸びていく水草ですが、コケが葉に生えてしまうと、その部分が黄色や茶色になり枯れてしまいます!

底砂に植えつけることも可能ですが、根が張るまでは浮きやすいので、植えつけた後に流木を重しにしたり、水草用の重りを付けておくと固着させやすいです!
アナカリスの根は白く、茎の脇から生えてきます。飼育水に浮かしているときにも普通に根は伸びるので、そのまま育てる場合はカットしちゃいます。
カットしても枯れることはないので、気軽にトリミングできますよ。

ちなみに、アナカリスの根は食べやすいのか、金魚が根だけかじることがありました。
葉もマツモよりかじりやすいらしく、金魚藻としての適性が非常に高いです!

マツモやカボンバのように葉がバラバラに外れてしまうこともないので、ストレーナーやろ過フィルター内に枯葉がつまらないところもポイントが高いですね!
枯れても、かじられても掃除が簡単な水草、という点でも初心者におすすめです。

アナカリスがある水槽事例

アナカリスは、それほど強い照明が必要ないことから小型水槽でも容易にレイアウトできます

マツモよりも葉と茎のつながりが強いため扱いやすい水草です。あっという間に成長するため、放っておくと水槽内で繁茂しやすいですが、その成長速度によって、変色・コケが生えた個所は積極的にトリミングができます。

ベタやエビ、メダカ、金魚やゴールデンハニードワーフグラミーなどの小型熱帯魚に向いています。
マツモと同じく、ビオトープでも大活躍します。

水槽用ヒーター無しで育てられる水草を動画でご紹介!

アナカリスなどの低水温で育てられる水草の種類をご紹介しています。

屋外飼育では低水温に強いことが最も大切な条件です。無加温飼育に向いている水草10選を解説しておりますので、ぜひご参考になさってください。

チャンネル登録をお願いいたします!


トロピカチャンネルでは、熱帯魚飼育からアクアリウムの機材についてまで配信しています。

トロピカチャンネルYoutube

読みもの

アナカリスについてはこちらでも詳しくご紹介しています!
東京アクアガーデン公式サイトのコラムと、アクアリウム情報サイト・トロピカにて、情報をご提供しています。

コラム

アナカリスの育成方法についてや、アナカリスと相性の良いメダカにおすすめの水草、ビオトープについてなどを解説したコラムです。トロピカに掲載した記事をさらにパワーアップした内容になっています。

アクアリウム情報サイト・トロピカ

トロピカでは、水草の豆知識を細かく解説しています。

その他の種類の水草や水槽レイアウト・メンテナンスについてのヒントなどをご紹介しています。

ぜひご覧ください!

コメントする

コメント時の注意事前にご確認ください
  • 商品・製品に関するご質問はメーカーや販売店にお問い合わせください。
  • アクアリウムの管理、熱帯魚に関するお電話でのご質問は承っておりません。
  • 魚の病気・トラブルに関するご質問は、飼育環境ごとに対策が異なるため、正確にお答えすることはできません。
  • 1つのご相談内容につき、1回のご返信とさせていただきます。
  • コメントへの回答はお時間をいただく場合がございますので予めご了承ください。
  • 返信はコメントをご投稿いただいたページ上でさせていただきます。

アクアガーデンのスタッフが水槽レンタル・リース、メンテナンス、引っ越しサービスなど様々なサービスを通して得たアクアリウムの経験や知識をコラムで発信しています。

お問い合わせ

サービスのお問い合わせ・見積依頼

水槽や機材、熱帯魚のレンタル・設置・メンテナンスがセットになった水槽レンタル・リースサービス お手持ちの水槽をプロのアクアリストがメンテナンスしてくれる水槽メンテナンスサービス 水槽リニューアルサービス水槽引っ越しサービスなど様々なサービスがございます。
お見積りは無料となっておりますのでお気軽にお問い合わせください。