マガキガイのページ

マガキガイ

No.
35

お魚図鑑 マガキガイ

マガキガイは主に底砂の上で生活する、海水性の巻貝です。

岩や底砂の汚れを食べる性質から、海水水槽のお掃除生体として人気があります。

お掃除の特性に加えて、ユニークな顔立ちや表情を持つマガキガイについて、スタッフのコメントを交えつつご紹介します!

マガキガイの基本情報

お魚図鑑 マガキガイ メインイメージ

水質海水生の貝。pH8.1~8.4ほどが得意。pH低下に気を付けよう!
水温は25度までがおすすめ
サイズ約4~6cm。水槽飼育できる貝類としては大きい
寿命1~3年ほど。
海水魚の餌の食べ残し、コケ、水槽内に堆積した有機物
混泳底層で生活するため魚と干渉することはなく、様々な魚種・サンゴ・エビと混泳可能。ただし、ヤドカリからの攻撃に注意
特徴

日本や太平洋、インド洋にも生息する巻貝です。別名「チャンバラガイ」とも呼ばれており、長く伸びた目と口、長い形状の貝殻が独特でやや奇妙な印象を与えます。
しかし、水槽内の底砂にたまった汚れを食べてくれるなど、マリンアクアリウムを支える縁の下の力持ちです。
砂に潜る習性があるため、底砂の中のメンテナンスもできます。

体長は約6cmほどですが、動きはゆっくりで小型魚との混泳も問題ありません。小型~大型水槽まで幅広いサイズのアクアリウムに適応できます。砂に潜る性質から、底砂は細粒(パウダータイプのサンゴ砂)を3cm以上敷いて飼育するのがポピュラーです。

ほとんどの海水魚やエビ・貝と混泳可能ですが、ヤドカリに襲われることがありますので、注意しましょう。

マガキガイを購入する

東京アクアガーデンスタッフの一言コメント

スタッフのコメント

にょっきり飛び出した眼と長い口がなかなかなにインパクトのある巻貝です!

クセの強い見た目から「水槽に入れたくない…」と感じてしまう方もいますが、非常に優秀なお掃除生体ですよ!
魚と比べたら動きはゆっくりですが、貝類のなかでは移動速度が速い方です。壁面を移動できる『シッタカガイ』とは異なり底砂周辺専門のクリーナーで、この2種を混泳させることでお掃除の頻度を減らせます。

マガキガイの主な行動範囲は

  • 底砂の上と中
  • ライブロックの上
  • 底砂と壁面の隙間

で、移動しながら汚れを食べてくれます。
底砂をかき混ぜることで底床内に新鮮な水を送り込み、嫌気層をある程度抑制してくれる働きがありパウダー状のサンゴ砂を敷くときにおすすめです。

底砂を5cm以上敷き、嫌気層をあえて作る管理方法もありますが、魚を多く飼育する場合にはマガキガイの力を借りたほうが効率がいいことがあります!
マガキガイだけでなく、美しい南国の海は様々な生き物たちの作用で成り立っています。

ちなみに、マガキガイは食用の貝としても知られています。
和歌山県では「ツメバイ」高知県では「チャンバラガイ」沖縄県では「ティラジャー(またはコマガイ)」と呼ばれ昔から親しまれています。
パックで販売されている姿は、初めて見るとびっくりしてしまうかもしれないですね。

マガキガイが泳いでいる水槽事例

マガキガイはほとんどの海水魚水槽で飼育できます。しかし、底砂に潜る性質を考え、底砂を厚めに敷く・岩組の下にも空間を作るなどマガキガイの循環を考えてレイアウトするのが良いです。

底砂をきれいに維持するテクニックを動画で解説!

コケなどで茶色くなってしまいがちな底砂をきれいに保つための方法を動画で解説します。
貝類は底砂を美しく維持するためには欠かせない存在です。

ぜひ、チャンネル登録をお願いいたします!


トロピカチャンネルでは、熱帯魚飼育からアクアリウムの機材についてまで配信しています。

トロピカチャンネルYoutube

読みもの

マガキガイについてはこちらでも詳しくご紹介しています!
東京アクアガーデン公式サイトのコラムと、アクアリウム情報サイト・トロピカにて、情報をご提供しています。

コラム

マガキガイについての情報や海水魚用の底砂についてを解説したコラムです。トロピカに掲載した記事をさらにパワーアップした内容になっています。

アクアリウム情報サイト・トロピカ

トロピカでは、オーバーフロー水槽運用に関する豆知識を細かく解説しています。

その他の淡水熱帯魚やメダカ・金魚などの観賞魚についてや、海水魚などについてをご紹介しています。

ぜひご覧ください!

コメントする

コメント時の注意事前にご確認ください
  • 商品・製品に関するご質問はメーカーや販売店にお問い合わせください。
  • アクアリウムの管理、熱帯魚に関するお電話でのご質問は承っておりません。
  • 魚の病気・トラブルに関するご質問は、飼育環境ごとに対策が異なるため、正確にお答えすることはできません。
  • 1つのご相談内容につき、1回のご返信とさせていただきます。
  • コメントへの回答はお時間をいただく場合がございますので予めご了承ください。
  • 返信はコメントをご投稿いただいたページ上でさせていただきます。

執筆者 アクアガーデン

アクアガーデンのスタッフが水槽レンタル・リース、メンテナンス、引っ越しサービスなど様々なサービスを通して得たアクアリウムの経験や知識をコラムで発信しています。

facebook Twitter instagram youtube tropica
東京アクアガーデン

お問い合わせ

サービスのお問い合わせ・見積依頼

水槽や機材、熱帯魚のレンタル・設置・メンテナンスがセットになった水槽レンタル・リースサービス お手持ちの水槽をプロのアクアリストがメンテナンスしてくれる水槽メンテナンスサービス 水槽リニューアルサービス水槽引っ越しサービスなど様々なサービスがございます。
お見積りは無料となっておりますのでお気軽にお問い合わせください。