スカンクシュリンプのページ

スカンクシュリンプ

No.
32

お魚図鑑 スカンクシュリンプ

スカンクシュリンプは赤い体に白いライン模様が特徴的な海水エビです。

魚の体についた寄生虫や水槽内の汚れを食べてくれる、クリーナー生体として人気があります。

海水水槽のお掃除屋さん・スカンクシュリンプについて、スタッフのコメントを交えつつご紹介します!

スカンクシュリンプの基本情報

お魚図鑑 スカンクシュリンプ メインイメージ

水質海水生のエビ。pH8.1~8.4ほどが得意。
水温は25~27度まで平気だが、25度前後がおすすめ
サイズ~約12cm。程よいサイズ感!
寿命約2年ほど。
沈降性の海水魚用餌、その他に魚の食べ残しなども食べる
混泳お掃除生体として、さまざまな魚種との混泳に向いているがサンゴとの混泳には注意
特徴

別名『アカスジモエビ』と呼び、日本を含む太平洋側やインド洋、紅海に生息する海水エビです。
お掃除生体として有名ですが、紅白のカラーリングが目を惹くなど鑑賞性もあります。

最大の特徴はハダムシなどの海水魚の寄生虫や汚れを食べるクリーニング能力です。
海水水槽にたまりがちな餌の食べ残し・デトリタス・海水魚のフンなどの有機物を好んで食べてくれるので、硝酸塩が悪影響を及ぼしやすい海水水槽では重宝されています。
体長も最大で約12cm程度のため、小型水槽~大型水槽まで幅広く採用され、東京アクアガーデンの水槽にもレギュラーメンバーとして活躍しています。

海水性のエビとしては強健なため飼育しやすいですが、水質変化には弱く導入時の水質調整や水合わせには気を付けましょう。

サンゴと混泳できますが、稀に弱ったサンゴを食べることがあるため、サンゴ水槽では『オトヒメエビ』のほうが適性が高いです。

東京アクアガーデンスタッフの一言コメント

スタッフのコメント

スカンクシュリンプは優秀なクリーナーなので、ナンヨウハギなどの寄生虫がつきやすい魚種との混泳が特におすすめです!
ちなみに、海水水槽では、スカンクシュリンプ以外にもお掃除生体として優秀なエビが存在しています。

  • スカンクシュリンプ:45cm以上の水槽におすすめ
  • キャメルシュリンプ:小型水槽におすすめ
  • オトヒメエビ:サンゴ水槽におすすめ
  • ホワイトソックスシュリンプ:60cm以上の水槽におすすめ
  • ペパーミントシュリンプ:カーリー(セイタカイソギンチャク)を食べてくれる

このように様々な種類がいますが、海水水槽1台にエビは1匹が鉄則です!
海水のエビは縄張り意識が強いため、同種間で争うことが多く、オスメスのペアでない限りトラブルが起こりやすいからです。
導入予定の水槽に合ったエビを厳選して飼育しましょう!

スカンクシュリンプが泳いでいる水槽事例

スカンクシュリンプは中型~大型海水魚水槽に向いています。ライブロックを積み上げると落ち着いて飼育可能です
水槽には原則として単体で導入しますが、紅白の体色とユニークな存在感があります。

海水魚水槽を立ち上げるポイントを動画で解説!

海水水槽をはじめるために必要な知識とポイントを動画で解説します!
実は海水水槽は、淡水よりも低予算で飼育できることがあります。

ぜひ、チャンネル登録をお願いいたします!


トロピカチャンネルでは、熱帯魚飼育からアクアリウムの機材についてまで配信しています。

トロピカチャンネルYoutube

読みもの

※上の画像は2匹同時に飼育していますが、隠れ家・縄張りとなるライブロックをたっぷり確保しているので飼育できています。

スカンクシュリンプについてはこちらでも詳しくご紹介しています!
東京アクアガーデン公式サイトのコラムと、アクアリウム情報サイト・トロピカにて、情報をご提供しています。

コラム

スカンクシュリンプについての情報や海水魚飼育についてを解説したコラムです。トロピカに掲載した記事をさらにパワーアップした内容になっています。

アクアリウム情報サイト・トロピカ

トロピカでは、シュリンプ飼育に関する豆知識を細かく解説しています。

その他の淡水熱帯魚やメダカ・金魚などの観賞魚についてや、海水魚などについてをご紹介しています。

ぜひご覧ください!

コメントする

コメント時の注意事前にご確認ください
  • 商品・製品に関するご質問はメーカーや販売店にお問い合わせください。
  • アクアリウムの管理、熱帯魚に関するお電話でのご質問は承っておりません。
  • 魚の病気・トラブルに関するご質問は、飼育環境ごとに対策が異なるため、正確にお答えすることはできません。
  • 1つのご相談内容につき、1回のご返信とさせていただきます。
  • コメントへの回答はお時間をいただく場合がございますので予めご了承ください。
  • 返信はコメントをご投稿いただいたページ上でさせていただきます。

執筆者 アクアガーデン

アクアガーデンのスタッフが水槽レンタル・リース、メンテナンス、引っ越しサービスなど様々なサービスを通して得たアクアリウムの経験や知識をコラムで発信しています。

facebook Twitter instagram youtube tropica
東京アクアガーデン

お問い合わせ

サービスのお問い合わせ・見積依頼

水槽や機材、熱帯魚のレンタル・設置・メンテナンスがセットになった水槽レンタル・リースサービス お手持ちの水槽をプロのアクアリストがメンテナンスしてくれる水槽メンテナンスサービス 水槽リニューアルサービス水槽引っ越しサービスなど様々なサービスがございます。
お見積りは無料となっておりますのでお気軽にお問い合わせください。