金魚の飼い方
2色の魚10選!ツートンカラーが美しく水槽で映える熱帯魚や観賞魚のサムネイル画像

2色の魚10選!ツートンカラーが美しく水槽で映える熱帯魚や観賞魚

コラムでは各社アフィリエイトプログラムを利用した商品広告を掲載しています。

魚たちの鮮やかな色彩はアクアリウムの大きな魅力ですが、さまざまなカラーバリエーションを楽しむのも熱帯魚の魅力の1つです。

今回のコラムでは、体色が美しいコントラストを織りなすツートンカラーの熱帯魚や観賞魚を10種ご紹介します。

ツートンカラーの魚たちは、水槽内でもよく映え、混泳水槽でも目を引くタンクメイトになってくれるでしょう。

このコラムを参考に、ぜひお好みの2色の熱帯魚や観賞魚や熱帯魚を探してみてください。

プロアクアリストたちの意見をもとにツートンカラーの熱帯魚や観賞魚について解説

このコラムは、東京アクアガーデンスタッフであるプロのアクアリストたちの意見をもとに作成しています。

淡水・海水を問わず、アクアリウムで流通するツートンカラーの熱帯魚はたくさんいます。その中で、有名で人気もある熱帯魚や観賞魚をピックアップしてみました。

ぜひ、2色のツートンカラーをもつ魚たちの魅力に触れてみてください。

ここでは、実務経験から得た知識をもとに、ツートンカラーの熱帯魚や観賞魚について解説します。

2色の魚10選

ツートンカラーの熱帯魚や観賞魚と言っても、そのカラーパターンはさまざまです。白黒のシックな組み合わせもあれば、赤や黄色の鮮やかな体色のコントラストを持つものもいます。

ここでは、代表的な2色の魚10種を紹介していきます。

バイカラードティバック

【海水魚/観賞魚/メギス】 バイカラードティーバック ■サイズ:3cm± (1匹)

『バイカラードティバック』は、赤紫と黄色が体の前後でハッキリと分かれた、ツートンカラーの海水魚です。

体長7cmほどと小型な熱帯魚ですが、ビビットな色彩のコントラストは水槽内で際立って目を引きます。水族館などでも注目度が高く、サンゴ水槽を泳ぐ姿を目にしたことのある方も多いでしょう。

バイカラードティバックは似ている魚種が多く、ロイヤルグラマが特によく似ています。ロイヤルグラマの場合、赤紫と黄色がグラデーションになっているのが見分けるポイントです。

体型が近い他種と混泳すると激しく争うことがあるため、細長い体型の魚との混泳は避けたほうがよいでしょう。

ソメワケヤッコ

【海水魚/観賞魚/キンチャクダイ】 ソメワケヤッコ ■サイズ:5cm± (1匹)

『ソメワケヤッコ』は、名前のとおり青と黄色がくっきりと分かれた、カラフルなツートンカラーの熱帯魚です。

体長15cmほどまで成長する小型ヤッコの代表種で、水槽の中でもよく映えます。

ただし、水質に敏感で、飼育難易度はやや高めです。特に水槽導入当初は、水質に敏感になる傾向が強いでしょう。
原産地ではサンゴ礁に生息していますが、サンゴをかじることがあるため、サンゴ水槽には不向きな種類と言えます。

ブラックオセラリス

【charm】(海水魚)ブラックオセラリス フルブラック(ブリード)(1匹)

『ブラックオセラリス』は、ツートンカラーになるカクレクマノミの改良品種です。

通常、カクレクマノミはオレンジ・白・黒の3色ですが、ブラックオセラリスは成長すると白と黒の2色になります。黒の発色は個体によって差があり、漆黒からこげ茶までバリエーションがあるので、好みの1匹を探すのも楽しみの1つです。

カクレクマノミの普通種と同じくイソギンチャクと共生するため、水槽内でも仲睦まじい様子を観察できます。

水槽内での繁殖も比較的容易にチャレンジできる、丈夫で飼育しやすい海水魚です。

ロイヤルダムセル

(海水魚)ロイヤルダムセル(1匹) 北海道・九州航空便要保温

『ロイヤルダムセル』は、体長6cmほどの、小型水槽でも飼育できるスズメダイの仲間です。鮮やかな色彩の魚種が多いスズメダイの中でも、青と黄色がくっきりと分かれたカラフルなツートンカラーを持ちます。

青い小型のスズメダイの中でも温和で、飼育しやすい魚です。ただし、体型の近い魚や生活圏の重なる魚には強い縄張り意識と攻撃性を示すことがあります。水槽底面を泳ぐハゼやギンポ類などとなら、問題なく混泳できるでしょう。

また、雑食性で何でもよく食べる丈夫な海水魚です。

ハーフオレンジレインボー

【熱帯魚・レインボーフィッシュ】 ハーフオレンジ・レインボー ■サイズ:3-4cm (5匹)

『ハーフオレンジレインボー』は、オレンジとレインボー感のあるシルバーのコントラストを持つ、中型淡水魚です。ニューギニア島に生息する魚で、10cm前後まで成長し、発情期にはオレンジ色がさらに鮮やかに輝きます。

性質は温和で、何でもよく食べ水槽内での繁殖も狙えるため、飼育しやすいレインボーフィッシュの入門魚です。古くから親しまれているポピュラーな熱帯魚ですが、飼い込んで成長した時の姿は美しさと共に迫力も兼ね備えています。

90cm以上の水槽に水草をレイアウトし、ハーフオレンジレインボーを群泳させると圧巻の美しさですよ。

コリドラス・パンダ

(熱帯魚)コリドラス・パンダ(3匹) 北海道・九州航空便要保温

『コリドラスパンダ』は、パンダのようなベージュと黒の模様がかわいい小型ナマズです。コリドラスの中では複雑な模様ではありませんが、シンプルな2色のコントラストが水槽内ではアクセントになるでしょう。

成長しても体長5cmほどで小型水槽でも飼育しやすく、複数匹で飼育すれば群れて泳ぐかわいらしい様子を観察できます。

寿命は3〜5年と小型コリドラスの中では比較的長く、さらに水槽内での繁殖もチャレンジできるため、さまざまな楽しみ方ができるコリドラスです。

紅白メダカ

【稚魚】赤美月 10匹 /めだか処 利久庵/生体 成魚(稚魚 5mm程度)のメダカ/紅白

多色性の傾向が強いメダカの改良品種の中で、はっきり2色のツートンカラーと言えるのは、『紅白メダカ』ではないでしょうか。

紅白メダカは、白をベースにオレンジ〜朱色のまだら模様が入るメダカの改良品種です。三色メダカの墨が少ない個体を掛け合わせ、固定化したのが紅白メダカで、黒い墨部分がないため屋外のビオトープでもよく映えます。

水槽内での横見でも楽しめますが、ブラックのメダカ鉢などで飼育して上から観賞すると、紅白のコントラストがより際立つでしょう。

頭部に朱色が集中している「丹頂」など、紅白メダカのバリエーションを楽しめるのも大きな魅力です。

コメット

(国産金魚)コメット(3匹)

金魚の中で、特にはっきりした2色を表現するのが『コメット』です。細身で流線型の体型をしており、素早く泳ぐことで知られています。

遊泳性が強いため60cm以上の水槽を用意する必要がありますが、何でもよく食べる丈夫な金魚です。そのため、初心者の方も長期飼育が楽しめるでしょう。

鱗も細かく滑らかな個体が多いことから、紅白の境目がくっきり表現されやすく、長く伸長する尾ビレも相まって優雅な姿を見せてくれます。

コメットは体長30cm以上に成長することもあるため、大きめの水槽でじっくり飼い込むのがおすすめです。

パンダオランダ獅子頭


『パンダオランダ獅子頭』は金魚の中では珍しい、黒と白の2色がはっきりと分かれた品種です。

白をベースに黒の入り方は個体によって千差万別のため、お気に入りの個体を選ぶ楽しみがあります。また、オランダ獅子頭特有の大きな肉瘤も併せ持ち、可愛らしい顔が人気です。

主にインドネシアやタイなどの海外でブリードされており、日本に輸入される外国産金魚の代表種と言えるでしょう。

また、丸型金魚の中でオランダ獅子頭は転覆病にかかりにくいとされており、琉金などに比べると消化不良を起こしにくく飼育しやすい金魚です。

ベタ


『ベタ』は、2色の組み合わせを持つバイカラーとして分類されている金魚です。ソリッドやトリカラーなどの品種に比べるとすっきりとした印象があり、シャープに観賞できます。

また、2色の組み合わせはバリエーションが豊富で、紅白や黒と赤など、お好みの色彩が選べるのも魅力です。
その中で、ボディとヒレで異なる色を持つ、完全なバイカラーのベタは希少だと言えます。アクアリウムショップでお気に入りの1匹を見つけた場合、早めに購入するのがおすすめです。

まとめ:2色の魚10選!ツートンカラーが美しく水槽で映える熱帯魚や観賞魚

今回のコラムでは、熱帯魚の楽しみ方の1つとして、ツートンカラーが美しい熱帯魚や観賞魚10選をご紹介しました。

ツートンカラーの熱帯魚は水槽内でもよく映え、いろいろな魚種が泳ぐ混泳水槽の中でもマスコット的な存在になるでしょう。

ご紹介したように、鮮やかな色彩のバイカラードティバックやソメワケヤッコから、白黒がシックなブラックオセラリスやコリドラスパンダなど、2色の組み合わせもさまざまです。

また、個体によって色彩の差がある魚種も多く、お好みの1匹を探す楽しみもあります。

水槽へ新たに導入する魚を検討中の方は、ぜひ2色のツートンカラーを持つ熱帯魚や観賞魚を候補に入れてみてください。

コメントする

コメント時の注意事前にご確認ください
  • 商品・製品に関するご質問はメーカーや販売店にお問い合わせください。
  • アクアリウムの管理、熱帯魚に関するお電話でのご質問は承っておりません。
  • 魚の病気・トラブルに関するご質問は、飼育環境ごとに対策が異なるため、正確にお答えすることはできません。
  • 1つのご相談内容につき、1回のご返信とさせていただきます。
  • コメントへの回答はお時間をいただく場合がございますので予めご了承ください。
  • 返信はコメントをご投稿いただいたページ上でさせていただきます。

執筆者 アクアガーデン

アクアガーデンのスタッフが水槽レンタル・リース、メンテナンス、引っ越しサービスなど様々なサービスを通して得たアクアリウムの経験や知識をコラムで発信しています。

facebook Twitter instagram youtube tropica

お問い合わせ

サービスのお問い合わせ・見積依頼

水槽や機材、熱帯魚のレンタル・設置・メンテナンスがセットになった水槽レンタル・リースサービス お手持ちの水槽をプロのアクアリストがメンテナンスしてくれる水槽メンテナンスサービス 水槽リニューアルサービス水槽引っ越しサービスなど様々なサービスがございます。
お見積りは無料となっておりますのでお気軽にお問い合わせください。