グッピーのページ

グッピー

No.
007

お魚図鑑 グッピー

グッピーは、誰もが一度は名前を耳にしたことがあるというくらい、日本人に馴染み深い熱帯魚です。

熱帯魚としては小型ですが、長く美しいドレスのようなヒレと、多種多様な色合いと模様は鮮烈な存在感があります。
飼育も容易で、アクアリウム初心者が飼育しやすい入門種としても人気です。

グッピーの特徴や飼育方法について、スタッフのコメントを交えつつご紹介します!

グッピーの基本情報

お魚図鑑 グッピー メインイメージ

水質淡水魚。pH6.5~8.0あたりの中性から弱アルカリ性を好む。
適応可能な水温は22~28度だが、25度前後に保つと安定して飼育しやすい
サイズオス:約3~4cm、メス:約5~6cm
寿命1年~1年半ほど。長生きだと2~3年!
小型熱帯魚用の餌、小さな生餌(ブラインシュリンプ)
混泳小型魚種との混泳に向いている。ただし肉食傾向のある魚種には注意!
特徴

長く鮮やかな尾びれを持つ淡水性の小型魚です。

昭和初期(1920~30年代あたり)に輸入されてきた歴史のあるグッピーは、日本での認知度が非常に高い熱帯魚で「熱帯魚はグッピーなら知っている」という方もいるほど。

熱帯魚なので飼育には水槽用ヒーターが必須ですが、好む水質が中性付近なため、カルキ抜きをした日本の水道水をそのまま飼育水として使うことができます。

雑食性なので小型魚用の細粒のものならなんでも良く食べますが、体色を鮮やかにする『色揚げ』を考えるならば、専用の餌を与えると良いです。

また、グッピーは繁殖しやすい魚としても有名です。卵胎生という繁殖方法で、卵を産みつけるのではなくメスの体内で卵を孵化させて稚魚を産むため、「オスメスを同じ水槽で飼育していたら、いつの間にか稚魚が増えていた…」ということもよく起こります。オスメスをペアで飼育するならば、数が増えることを想定して大き目の水槽で飼育を始めることをおすすめします

グッピーは丈夫な熱帯魚ですが、小型な体でヒレが大きいため、水流には弱い性質があります。
フローパイプなどを使用して、水流を穏やかにする工夫をすると長期飼育しやすくなりますよ。

東京アクアガーデンスタッフの一言コメント

尾びれが大きく長く、鮮やかな発色をしているのはオスです!
メスはオスよりも一回り大きく、尾びれはやや丸みを帯びていて短いです。稚魚の時は見分けにくいですが、オスは尻びれ(ゴノポディウム)が尖っているのでぜひ観察してみてください。

知名度から、グッピーは熱帯魚の代表種と言っても良いですが、品種改良が盛んで、赤いもの・青いものなど一口にグッピーと言っても体色は千差万別です!

それにはグッピーの『繁殖しやすさ』が関係しています。繁殖しやすい魚は大人になるスピードが早く、突然変異で現れた体色や模様、ヒレの形状などの『形質』をかけ合わせて固定化しやすいんですね。
ブームになっているメダカも同じです。

繁殖しやすい反面、同じ水槽内で繁殖を続けていると、奇形や短命な稚魚の生まれる確率が上がるため、定期的に新しい成魚を追加します。

ちなみに、日本に来て歴史が長いグッピーには国産種がいます
もともと日本の水質や風土に馴染んで育っているので、外国産グッピーよりも長生きする傾向がある丈夫な品種たちです。
とはいえ、外国産グッピーも飼育環境があっていればご長寿を目指せます。
色々なグッピーがいますのでどれを飼育するか迷ったときには、体色や模様の好みで選んでも大丈夫です!

そして悲しいお話ですが、グッピーは繁殖しやすいため放流が問題になっている側面もあります。飼育の際には、最後まで可愛がってあげてくださいね。

グッピーが泳いでいる水槽事例

グッピーは、水草との共存もできます

水面付近の上層を泳ぐことから、水面付近に余白のあるレイアウトが向いています。他の熱帯魚にヒレをかじられてしまうことがあるため、体の大きな魚や気性の荒い魚との混泳には向きません。同じく小型魚で温和なネオンテトララスボラ・エスペイなどとならばうまくいきやすく傷つけられる心配もありません。

オスメスペアで飼育していると繁殖をすることがあります。メスの腹部が大きくなっているのに気づいたら出産前にそのメスを隔離すれば良いですが、気づかずに水槽内で生まれてしまった場合、小さな稚魚を捕まえて隔離するのは少し難しいです。水槽内で出産してしまった場合に備えて、稚魚の隠れ家となるような背の高い水草を予め入れておくと、稚魚の生存率が高くなります。

遊泳域のことも考慮して、水槽壁面に沿って植えつけるか、三角構図のレイアウトがおすすめです。

グッピーの飼育方法について動画で解説!

グッピーの飼育方法や人気の品種をご紹介しています。

グッピーの混泳や繁殖についてのポイントも解説している盛りだくさんな内容です。
飼育をこれから始める・すでに飼育している場合にも、ご参考になさってください。

ぜひ、チャンネル登録をお願いいたします!


トロピカチャンネルでは、熱帯魚飼育からアクアリウムの機材についてまで配信しています。

トロピカチャンネルYoutube

読みもの

グッピーについてはこちらでも詳しくご紹介しています!
東京アクアガーデン公式サイトのコラムと、アクアリウム情報サイト・トロピカにて、情報をご提供しています。

コラム

グッピーとの混泳に向いている熱帯魚やエビ、飼育水槽サイズを解説したコラムです。トロピカに掲載した記事をさらにパワーアップした内容になっています。

アクアリウム情報サイト・トロピカ

トロピカでは、グッピーについての飼育方法や豆知識を細かく解説しています。

その他の熱帯魚やエビ、メダカ・金魚などの観賞魚についてや、水槽レイアウトのヒントなどをご紹介しています。

ぜひご覧ください!

コメントする

コメント時の注意事前にご確認ください
  • 商品・製品に関するご質問はメーカーや販売店にお問い合わせください。
  • アクアリウムの管理、熱帯魚に関するお電話でのご質問は承っておりません。
  • 魚の病気・トラブルに関するご質問は、飼育環境ごとに対策が異なるため、正確にお答えすることはできません。
  • コメントへの回答はお時間をいただく場合がございますので予めご了承ください。
  • 返信はコメントをご投稿いただいたページ上でさせていただきます。

アクアガーデンのスタッフが水槽レンタル・リース、メンテナンス、引っ越しサービスなど様々なサービスを通して得たアクアリウムの経験や知識をコラムで発信しています。

お問い合わせ

サービスのお問い合わせ・見積依頼

水槽や機材、熱帯魚のレンタル・設置・メンテナンスがセットになった水槽レンタル・リースサービス お手持ちの水槽をプロのアクアリストがメンテナンスしてくれる水槽メンテナンスサービス 水槽リニューアルサービス水槽引っ越しサービスなど様々なサービスがございます。
お見積りは無料となっておりますのでお気軽にお問い合わせください。