アフリカン・ランプアイのページ

アフリカン・ランプアイ

No.
019

お魚図鑑 アフリカン・ランプアイ

アフリカン・ランプアイは、青く光る目が美しい小型熱帯魚です。

約3.5cmと小さな魚種ですが、飼育は容易で、群れで泳がせるとクリアブルーの輝きを楽しめます。

アフリカン・ランプアイの特徴から飼育時の注意ポイントについて、スタッフのコメントを交えつつご紹介します!

アフリカン・ランプアイの基本情報

お魚図鑑 アフリカン・ランプアイ メインイメージ

水質淡水魚。pH6.0~7.0あたりで弱酸性傾向を好む。
適応可能な水温は20~28度までだが、24~26度に保つのがおすすめ。
サイズ~約3.5cm。メダカのような体型。
寿命1~2年ほど。長生きだと2~3年!
小型熱帯魚用の餌、生餌(赤虫、ブラインシュリンプ)
混泳同じくらいの体長の小型魚と混泳しやすい。性格は温和な種類を選ぼう
特徴

小型の卵胎生メダカです。目の上部が水色に輝くことから『ランプアイ』という呼び名が付きました
卵胎生メダカのなかでも小型で大人しい魚種です。そのため、混泳相手にはあまり体長差が無い、3~4cmまでの体長の熱帯魚がおすすめですが、水槽に十分な広さがあり、混泳のバランスがとれればエンゼルフィッシュなどとも混泳できます。

また、元々群れを成す習性があるため、10匹以上で飼育することが望ましいです。20匹以上で飼育すると美しく雄大な群泳を観察することができます。
小型魚なので30cm水槽でも飼育可能ですが、多数での群泳を楽しむ場合は45~60cm水槽以上のサイズで飼育してください

餌食いは良く、水合わせや導入初期の水質管理を丁寧に行えば、比較的容易に飼育できます。
体色はグレーみを帯びた乳白色ですが、飼いこむとで次第に薄ブラウンに変化していき、より目の青い光沢が映えるようになります。

水草との相性が良く、様々な水草を植えこんだ水槽に導入できます。
しかし、体が小さいため強い水流は苦手です。ろ過フィルターはもともと水流が穏やかで、更にフローパイプなどで調整ができる外部フィルターが向いています。
大人しいですが、やや臆病な性格なので、水草で隠れ場所を作ってあげましょう。

東京アクアガーデンスタッフの一言コメント

スタッフのコメント

アフリカン・ランプアイは飼育が容易な小型熱帯魚です。
流通量が多く、アクアリウムショップなどで見かける機会の多い熱帯魚です。実際に見たことがある方の中には「なんて小さく華奢な魚だろう」と感じる方もいると思います。
というのも、ショップで販売しているランプアイのほとんどが、約1cmほどの若い個体です。
体色の透明感も手伝って、儚く見えることでしょう。

しかし!成長するほどに見ごたえが増すのが熱帯魚の魅力です!アフリカン・ランプアイも最大体長は3.5cmほど。小型魚の範疇ですが、3倍以上になるのだから成長力には驚きます!
成長と共に体色も徐々に飴色へと変化していき、より目の青い輝きが際立ちつようになります…が!ランプアイの青い目は、飼育環境によっては目立たなくなることがあります

・水流が強い
・混泳相性が悪い
・水槽内が明るすぎる

など、ランプアイがストレスを感じるやすい環境では、体色や輝きが褪せてしまいます。
臆病な性格で、環境の影響を受けやすい魚種です。ぜひストレスの少ない環境を用意して群れで生活させてあげてくださいね

ランプアイを観賞する上で重要なのが「バックスクリーン」です!
水槽内が明るすぎると体のすべてがはっきりと照らされてしまい、目の輝きがピンポイントで映えない状態になりがちです。
バックスクリーンを貼りつけると背景色が均一になりますし、外からの余分な光を遮ることができます!
ランプアイの特性を生かすため、バックスクリーンは黒などの濃いめのカラーを採用しましょう。

そして、さらに目の輝きを楽しむために、愛好家の中にはあえて暗めの照明で育成する方も多いのですが、そうなると気になるのが、育成できる水草の種類です!

そうなると気になるのが、育成できる水草の種類です!
強い光やCO2添加が必要ない、ミクロソリウムやウィローモスなどがおすすめですが、ほどよく照明を遮ることのできる浮草も向いています

繁殖を楽しむなら、ウィローモスなどの葉の細かい水草は必須です!
それ以外の水草とも相性はとても良いので、ランプアイが一休みできるような茂みを作ってあげると良いですよ!

アフリカン・ランプアイが泳いでいる水槽事例

アフリカン・ランプアイは、小型水槽~中型水槽で楽しめる魚種です。

水槽サイズを考慮しながら十分な匹数を導入すると、立派な群泳を見ることができます。
水槽レイアウトは群泳を楽しむスペースを設けた『凹型構図』がおすすめです。体格差のある魚種と混泳させる場合は、水草で隠れ場所を作ってやりましょう。

小型魚のため基本的には、ネオンテトララスボラオトシンクルスヌマエビ ミクロソリウムなどの水草があると隠れやすくいです。

海外のメダカたちについてを動画で解説!

アフリカン・ランプアイなど海外に生息するメダカの仲間についてを音声付きで解説します。

海外のメダカはユニークな体型やビビッドな体色を持つなど、日本のメダカとは一味違った魅力があります。
適水温など飼育ポイントもご紹介していますので、是非ご覧ください。

チャンネル登録をよろしくお願いいたします!


トロピカチャンネルでは、熱帯魚飼育からアクアリウムの機材についてまで配信しています。

トロピカチャンネルYoutube

読みもの

アフリカン・ランプアイについてはこちらでも詳しくご紹介しています!
東京アクアガーデン公式サイトのコラムと、アクアリウム情報サイト・トロピカにて、情報をご提供しています。

コラム

アフリカン・ランプアイなどの人気で飼育しやすい熱帯魚や混泳、おすすめの水草について解説したコラムです。トロピカに掲載した記事をさらにパワーアップした内容になっています。

アクアリウム情報サイト・トロピカ

トロピカでは、珍しい熱帯魚や、群泳についてを細かく解説しています。

その他の熱帯魚やエビ、メダカ・金魚などの観賞魚についてや、水槽レイアウトのヒントなどをご紹介しています。

ぜひご覧ください!

コメントする

コメント時の注意事前にご確認ください
  • 商品・製品に関するご質問はメーカーや販売店にお問い合わせください。
  • アクアリウムの管理、熱帯魚に関するお電話でのご質問は承っておりません。
  • 魚の病気・トラブルに関するご質問は、飼育環境ごとに対策が異なるため、正確にお答えすることはできません。
  • 1つのご相談内容につき、1回のご返信とさせていただきます。
  • コメントへの回答はお時間をいただく場合がございますので予めご了承ください。
  • 返信はコメントをご投稿いただいたページ上でさせていただきます。

執筆者 アクアガーデン

アクアガーデンのスタッフが水槽レンタル・リース、メンテナンス、引っ越しサービスなど様々なサービスを通して得たアクアリウムの経験や知識をコラムで発信しています。

facebook Twitter instagram youtube tropica
東京アクアガーデン

お問い合わせ

サービスのお問い合わせ・見積依頼

水槽や機材、熱帯魚のレンタル・設置・メンテナンスがセットになった水槽レンタル・リースサービス お手持ちの水槽をプロのアクアリストがメンテナンスしてくれる水槽メンテナンスサービス 水槽リニューアルサービス水槽引っ越しサービスなど様々なサービスがございます。
お見積りは無料となっておりますのでお気軽にお問い合わせください。