ヒメタニシのページ

ヒメタニシ

No.
26

お魚図鑑 ヒメタニシ

ヒメタニシは田んぼなどの淡水に生息する、在来種の巻貝です。

小川や用水路などの底層に住んでおり、コケや藻類を食べることからお掃除生体として人気を誇ります。

メダカやヌマエビなどと相性抜群のヒメタニシについて、スタッフのコメントを交えつつご紹介します!

ヒメタニシの基本情報

お魚図鑑 ヒメタニシ メインイメージ

水質淡水生の貝類。pH6.0~7.0程度で
水温5~28度ほどで飼育できるなど、低水温に強い
サイズ~約3cm。茶褐色の巻貝。
寿命おおよそ2~4年ほど。貝のなかでは長生き!
コケ・藻類、植物プランクトン、細粒状の人工飼料など
混泳日本在来の小型魚、エビとの混泳に向いている。水草、水生植物とも好相性!
特徴

本州のほぼ全地域に生息する日本在来のタニシです。
浅めの小川や沼などに生息しており、近年ではメダカ人気に伴い『お掃除生体』としてアクアリウムやビオトープでもよく飼育されています。

魚達の食べ残しやフンなどの汚れを食べることに加えて、コケだけでなく植物プランクトンも食べるため、アオコ・濃すぎるグリーンウォーター対策としても活躍します。
さらに低水温に強く、上記のような「水を浄化する能力」を持つなど、ビオトープや屋外飼育に最も適した貝と言えるでしょう。

他の生体とケンカをすることはありませんが、卵胎生で繁殖力が高いため、殖えすぎには注意です。稀に1匹でも購入時に稚貝を持っていることがあります。
小型のビオトープなら1~2匹、というように控えめな匹数を導入しましょう。

ひっくり返ることがありますが、起き上がれずに弱ることがあるので見つけたら起き上がらせましょう。
ドジョウミナミヌマエビとの相性も抜群です。

東京アクアガーデンスタッフの一言コメント

アクアリウムで「タニシ」とよく呼ばれるのが『スネール』と、この『ヒメタニシ』です。
どちらも巻貝の姿をしているので、アクアリウムを始めて間もない頃は同じ名前で呼ぶケースがありますが、前者は水草などから水槽に入り込む迷惑生物で、ヒメタニシはコケから生き物のフン・汚泥・藻類まで食べる優秀なお掃除生体です。

植物プランクトンも食べるので、グリーンウォーターを最適な状態に保ちやすくなるなど、メダカ飼育におすすめな貝です!
水草を食べないので、植物が豊富なビオトープでも活躍します!

しかし、ヒメタニシにも弱点はあります。

  • 28度以上の高水温が苦手!
  • 倒れたら起き上がれない!
  • 金魚などには食べられてしまう!

屋外飼育に最適な貝ですが、近年の猛暑には注意する必要があります。
日陰を作れるすだれや、水草・浮草、足し水などで水温の急上昇を防いでやりましょう。

また、デメリットとして、

  • 複数で飼育すると殖えすぎる!

ということがあります。水田などで問題になっている外来種の『ジャンボタニシ』は水生植物に卵を産み付けますが、ヒメタニシは卵を産み付けずに稚貝を出産するため、いつの間にか増えていることも珍しくありません。

このことから、水槽飼育では繁殖しないイシマキガイがおすすめです!イシマキガイはヒメタニシよりも寿命が短く、コケ取り能力が低めなので、複数匹飼育するようにしましょう。
また、イシマキガイは繁殖しないですが卵を水槽に産み付ける点にも注意です。


水槽を掃除してくれる生物は何がいる?エビ、貝、魚を動画で解説!

水槽のお掃除生体を動画でご紹介します!
定番のヤマトヌマエビ、ミナミヌマエビから、サイアミーズ・フライングフォックスまで、お掃除生体の中でもおすすめな種類と理由を解説しています。

ぜひ、チャンネル登録をお願いいたします!


トロピカチャンネルでは、熱帯魚飼育からアクアリウムの機材についてまで配信しています。

トロピカチャンネルYoutube

読みもの

ヒメタニシについてはこちらでも詳しくご紹介しています!
東京アクアガーデン公式サイトのコラムと、アクアリウム情報サイト・トロピカにて、情報をご提供しています。

コラム

タニシについての情報やビオトープ飼育などを解説したコラムです。トロピカに掲載した記事をさらにパワーアップした内容になっています。

メダカと一緒に飼える魚や生き物は何がいる?混泳におすすめ・向かない生き物をご紹介

詳細を見る

水槽を掃除してくれる生物は何がいる?エビ、貝、魚全部紹介【完全版】

詳細を見る

水槽にスネール・小さな貝が発生した!その原因と対策を教えます!

詳細を見る

アクアリウム情報サイト・トロピカ

トロピカでは、日本の水辺に生息する生き物に関する豆知識を解説しています。

関連記事を新規表示する
水辺の生き物を採取、飼育しよう!どんな魚が家で飼えるのか解説します!https://tropica.jp/2019/04/14/post-27160/

その他の淡水熱帯魚やメダカ・金魚などの観賞魚や、飼育機材などについてをご紹介しています。

ぜひご覧ください!

コメントする

コメント時の注意事前にご確認ください
  • 商品・製品に関するご質問はメーカーや販売店にお問い合わせください。
  • アクアリウムの管理、熱帯魚に関するお電話でのご質問は承っておりません。
  • 魚の病気・トラブルに関するご質問は、飼育環境ごとに対策が異なるため、正確にお答えすることはできません。
  • 1つのご相談内容につき、1回のご返信とさせていただきます。
  • コメントへの回答はお時間をいただく場合がございますので予めご了承ください。
  • 返信はコメントをご投稿いただいたページ上でさせていただきます。

アクアガーデンのスタッフが水槽レンタル・リース、メンテナンス、引っ越しサービスなど様々なサービスを通して得たアクアリウムの経験や知識をコラムで発信しています。

お問い合わせ

サービスのお問い合わせ・見積依頼

水槽や機材、熱帯魚のレンタル・設置・メンテナンスがセットになった水槽レンタル・リースサービス お手持ちの水槽をプロのアクアリストがメンテナンスしてくれる水槽メンテナンスサービス 水槽リニューアルサービス水槽引っ越しサービスなど様々なサービスがございます。
お見積りは無料となっておりますのでお気軽にお問い合わせください。